蔵書印のススメ /手彫りゴム印


e0041500_13121610.jpg

自分用の蔵書印を彫る。
まぁ、そう硬く考えず、要するにお名前ハンコやね。

図書館の本に捺されている「○○図書館蔵書」という漢字だけの色気のない印にも萌える親方。
ましてや、見返しに貼られた蔵書票や印、また万年筆の走り書きなど見つけようモノなら鼻血ものである。
最近の傾向として、本の所有にこだわらず、読み終わったらBOOK●FFへ・・・というのは常識になりつつあるし、今や世の中はipadの出現により、三次元の書籍からWEB書籍への移行期に突入した。
確かに、増え続ける本というのは生活空間を圧迫する。
今回の引っ越しでも、よしっ!荷物を減らしてスッキリ暮らすぞっ!!と決意したものの、家族3人分の本の山がそう簡単に減るはずもなく、はて、これをどう収納したらよいものか…と考えあぐねているのではあるが。

それぞれの本には それぞれの思い入れがある。
古本の紙焼けに時代が刻まれているように、家族の歴史がすでにそこには染み込んでおり、出来るならば「その染み」もろとも3次元のまま残しておきたいと親方は思う。



e0041500_12501282.jpg

蔵書票の簡単な決まり事として「Ex libris+票主の名前」
もしくは「票主の名前+蔵書」などという言葉をいれる。
蔵書印にしても、だいたい同じなのだと思うが、コレには名前しか入れていない。
小さい版なのでスペース的に面倒だったというのもあるが(笑)まぁそんなに硬く考えずとも、教科書に名前を書く感覚で自分の「しるし」的な使い方であれば問題なし。
モチーフは「星の王子様」で。
e0041500_1250535.jpg

小さな薔薇の花の直径が1㎝
アルファベットの一文字が1㎜
持ち手は木製の小さなツマミ。
紅いコーティングのゴム板を使用。
e0041500_12511790.jpg

「14歳の星の王子」
成長した姿で再び地球に現れた。
印の直径が2㎝
黒い陶器のツマミ
デッドストックの薄緑のリノリウム板で。
e0041500_12513327.jpg

アンティークものを購入したときにラッピングに使われていた古いフランス語の本のページを…
e0041500_12514668.jpg

小さなハサミでチョキチョキ♪
e0041500_12515939.jpg

脅迫状風味に仕上げてみました(笑)


いつもありがとうございます。
気が向いたら、1票
よろしくっす。


蔵書印を雰囲気のある紙切れに捺せば
蔵書票の出来上がり~
票は昔ながらの糊で貼りましょう。
合成糊は劣化が早いんだそうな。


人気ブログランキングへ





ブログ村に参加しています。
サイドバーのバナーを統一しました。
別ウインドウで開きます。
こうしたほうが迷子にならないみたい。

クリック、よろしくっす!
にほんブログ村へ






関連記事「ヒヤシン子の咲く頃」(2007年)←脅迫状風味関連(笑)

コメントのお返事、夜までまってください~☆
[PR]
by 4seasons-kurumi | 2010-07-06 14:40 | 消しゴムはんこ& 蔵書票
<< ONLY YESTERDAY ... Rainy Days and ... >>