山の中の出来事
e0041500_9591350.gif


荷造り作業を無事終えて 熱いコーシーなどすすりながら リースを作っています。
写真のリースは ラムズイヤーというハーブのみを使いました。
「lamb's ear」というこのハーブ、文字通り「子羊の耳」という意味で 銀色に輝く柔らかい産毛に覆われ 思わずホッペにスリスリしたくなるような 肌触りです。
あまり装飾しすぎるのは苦手な質なので 今回もやはりシンプルに仕上げました。
リース台は「ひげぶどう」で。

そして 忘れてはならないのがナンキンハゼ。
紅葉した葉が落ちる頃がねらい目。
木の下に行けば たくさん枝が落ちてますから。
穴場の公園を何軒かはしごをすれば カゴ一杯の実付きの枝をゲットすることができます。

何年か前 秋の実や枝ものを探しに 郊外の山の中に行ったときのこと。
葛のツルを夢中になって探すウチ けっこう奥のほうまで分け入ってきてしまったことに気づきました。
蛇でもでたらヤバイわぁ・・・と我に返り 体勢を整えようと(だいたい山の斜面ですから)立ち上がったところで
パンッ !パァーンッ!!
とけたたましい銃声!
突然のことで パニクる私。
どうも ふだんは禁猟区の札がかかる山ですが たまたま その日が猟の解禁日だったモヨウ・・・汗

げっ!

遠目で見たらくまそっくりの私の体型・・・汗
感度がマックスになっている猟銃の持ち主に撃たれて死ぬなんて 笑い話にもなりません・・・。
母と一緒だったので 慌てて大声で会話なんかをして 「人間」であることをアピール(笑)
あのときは マジでビビりました。

夕べ 息子が「注文の多い料理店」の読み比べをしよう・・・というので 渋々布団の中でつきあいました。
最初は息子がカミカミになりながらも完読。
それを聞きながら もう意識が遠のいていく私。
誰かにお話を読んでもらうのって なんて気持ちいいんでしょう!
もちろん その後たたき起こされて 今度は私が最初から読む役です。
えらそうな口をたたきながらも 
     
   「いや わざわざご苦労です
    たいへん結構にできました。
    さあさあおなかにおはいひりください。」

というクライマックスのシーンあたりで 彼も完全に夢の中・・・・笑
美しい挿絵を見ながら あの山のなかの体験を思い出して 密かに苦笑してしまった・・母なのでした。
[PR]
by 4seasons-kurumi | 2005-11-07 10:40 | リース
<< 湯煎はね・・・・・・・・・「!」 カフェで過ごす休日 >>