樅のクラシックリース
e0041500_21385049.jpg

本日はフレッシュの樅でクラシックリースを


12月に入るとやっと樅が出回るようになる。
各所仕入れ先を順番に回って、枝ぶりのよいものを見つけたらオーナメントを飾りつけて枝ごとディスプレイするのもいい。
最近では親方の住む田舎町のスーパーの花屋にまで、根っこのついたままの樅の木が売られていたしりて、はー、時代は変わったなぁーと思い知らされたりする。


e0041500_21553225.jpg

子供のころ、ツリーといえばナイロン製の安っぽい折り畳み式のものだった。
何年も繰り返し使っているもので、もう葉っぱのピラピラが摩擦で縮んだりしていて、ガムテープで無造作に補修された薄っぺらいボール紙の中にそれは恭しく仕舞われているのだった。
テレビの上に載せられたツリーはたぶん40センチくらいはあったと思う。
点滅する電飾で部屋のなかが赤になったり緑になったりした。










[PR]
by 4seasons-kurumi | 2015-12-05 22:00 | リース
<< 白いリース あるわんこの家族のためのリース >>