「E.E.E de ニットソーイング」発売のお知らせ




e0041500_19134418.jpg

この度「Nsのうららさん」こと角田麗子さんによるニットソーイングのパターンブック「E.E.E de ニットソーイング」が日本ヴォーグ社より発売になりました。
様々なシーンに映えるトップスが11種、サイズ展開も7号から11号まで・・と 充実したラインナップです。
胡桃の椅子の判子も表紙に使っていただきました。
ニットソーイングをされる方、またやってみたい・・と思われている方にもオススメの一冊です。
*ニットとは・・・・Tシャツなどの伸縮性のある生地のこと

全パターン、スッキリと見やすい実物大の型紙が付いている・・というのも嬉しいですね^^
最近はネットでも型紙が手に入る時代ですが 1パターンが1000円から1500円というのが相場。それを考えると 11パターンの型紙がトータル1714円(税込み1800円)・・というのですから そのお得感が分かっていただけると思います。

そして何より掲載されているトップスのシルエットが美しい。
私もニットソーイングをするので分かるのですが 洗練されたTシャツの型紙・・ってなかなかなないんですね・・。
あっても9号サイズのみ・・だったり(笑)デザインが若すぎたり(笑)


書店に並ぶのは少し先ですが Nsのホームページからは購入可能です。
送料無料。
是非、この機会をお見逃しなく!

e0041500_1914467.jpg

表のミシンは消しゴムで
裏表紙の表示デザインはゴム版で仕上げました。


*追記*
私がニットソーイングを憶えたのは もう10数年も前の話。
叔母がロックミシンを買ったとかで その影響もあって まずは息子のロンパースを縫ったのが初体験でした。
Tシャツとか カットーソーが自分で縫えるなんて それまでの私は思ってもみなかったjけれど
これが意外や意外!かなり簡単に縫えてしまうんですね。
それも普通のミシンで・・^^
今でこそ4本取りのロックミシンなんぞを偉そうに使っておりますが 当時は縫い代の始末も全てジグザグミシンで間に合っておりました。

そっりゃ も~、かなり縫い倒しましたよ~
一時期は自宅のワードローブの半分が手作り服・・・という時代もあったほどです(笑)
息子が幼稚園時代、その母仲間で「ミシンの会」なるものを結成しまして そこでニットソーング講師(食べる方専門)として 愛のムチを振り回していたこともあります・・汗汗
(↑当事者なら そのムチの痛み、身に覚えがあるでしょう?・笑)
みんな、縫ってる~?????(個人的呼びかけ)

最近では手作り子供服の雑誌やら パターン集やら かなり充実してきましたが
実は大人物ののカットソーのパターン集・・というのは 少ないです。
そういう市場が薄いところへ 今回 満を持してのこの本の出版。
著者である「うららさん」は服作りに対する熱い想いや夢を この一冊に凝縮されたとのこと。
そんな大切な作品の表紙に私の判子を起用していただいたこと・・・。
胡桃の椅子的には鼻が高いです~♪
カタチになるまでには 紆余曲折、嵐の日の方が多かったことと思います。
粘って粘って・・・・・・の精神には 本当に頭が下がります。

何時の日か、私も、そういう熱い想いをカタチにできたら・・という夢があります。
まずは お金を貯めなくては実現しない話ですけどね・・・汗汗
[PR]
by 4seasons-kurumi | 2006-12-13 20:14
<< クリスマスツリー彫りました 杉の実のリース >>