28日の薔薇に15年前の異国を思ふ


e0041500_13271952.jpg

このコーナー、久々ですな。
記事にはしておりませんでしたが、アップのない月にも淡々と続いております28日の薔薇。
で、1月はなんと「菊」でした(笑)
「菊かよっ!!」とツッコミはしましたが、いつものピンクのカーネーションよりは数倍ポイントが高かったりして(笑)
一応、誕生花ですしね^^


ただ匂いがダメなんですよね~。スプレーに枝分かれしている茎を例のごとくちょんちょんんに切ってしまうのですが、その作業中にも鼻をつまみたい感じ・・と言いましょうか・・
しかし、そのつまんだ手にも、すでに強い香りがついていしまっているもので、何時までもその残り香に苦しむことになるのです。まぁ、美しい菊に敬意を表して言い直せば、キライなのではなくて苦手な香りの部類なのであります。

若カリし頃、初めて海外旅行に行った香港の飲茶で「ぼうれい茶」というお茶を飲んだことがありました。
現地に住む友人が「口の中がスッキリするから・・」と勧めてくれたものだったのですが
菊の花を発酵させたお茶との説明を受けつつ一口二口・・・。
「・・・・・・・。」
鼻の奥にもわっと広がる、あの独特の苦手な香り・・
ううっとえづきそうになるのを我慢して、そこは彼女の顔を立てて微笑んでこそみせましたが
正直ノックアウト、私の中では「アリ」か「ナシ」か?と聞かれたら即座にナシ!と叫びたいくらいの味でして、飲み込んでからがもう大変!
その後に食べた美味しかっあであろうシューマイもマンゴープリンも、全てぼうれい茶風味に感じられ、オマケニそのお茶の香りが自分の体全体から発せられているような被害妄想に駆られ(実際は強烈な香りを脳が記憶していただけだと思う)親方プチパニック!!
なんと、その被害妄想は帰国してからもしばらく続き、思い出してはえづくという数週間をすごしたのでした(笑)

さて・・・
時は15年ほど進みまして2008睦月の小春日和。(アレンジ、撮影は1月29日)
目の前にある強い香りを放つ菊の花と、あの夏の飲茶菊臭事件とをオーバーラップさせ、またもや鼻の奥にもわんと違和感を感じる意外とデリケートな親方・・。
よっしゃ、これはブログ記事にデキルナ・とほくそ笑んで
ちょっくら「ぼうれい茶」についてググってみました。
しかし「ぼうれい茶」そのものでは、ほとんどヒットしないんですね。
「発酵」というワードを加えて検索にかけると、「菊普袋泡茶」というものにヒット。
これはプーアール茶と菊のブレンドティーとのことで、ダイエット効果もあるらしいです。

でも確かにアノ夏私を悩ませたお茶の名前は「ぼうれい茶」だったはず!!としつこく調べていましたら
ミツケタ!
「ぼうれい茶」とは「菊普袋泡茶」のことで、香港在住の方限定の言い方らしいうことが何となく判明(メモメモ)
何となく・・とあやふやに付け足す当たり、やや腰の退けた結論ですが、今日のところはこの辺で(笑)






e0041500_13274451.jpg

[PR]
by 4seasons-kurumi | 2008-02-05 14:58 | 花/28日の薔薇
<< アリス IN ふくまめ おばんでやす。 >>