カテゴリ:消しゴムはんこ& 蔵書票 ( 134 )
クリスマスの消しゴムはんこ

e0041500_1215035.jpg


今年のクリスマスはんこはモミの木の枝
今回のリースショップではこれを鬼捺ししております。

e0041500_12161920.jpg


ラッピング用にひっさびさに彫りましたでー。
はんけしくんの固めっていうやつ
いやー扱いやすい。
しかもこの茶色がいい!
文字はんこはゴム板です。
「クリスマスにいいこといっぱいありますように!」
みたいなこと書いてます。








[PR]
by 4seasons-kurumi | 2015-11-26 12:21 | 消しゴムはんこ& 蔵書票
ヤドリギの消しゴムはんこなど


e0041500_21403566.jpg


第一弾のリースの発送完了
完璧に準備してからショップをオープンさせればよいものを
いつもの泥縄式を採用しているもので
リースの注文受けてから考えるという親方ぶり。

いや、だいたいは用意していたのだよ。
しかし、次から次へといろいろなことを思いつくので、
形になるまでに時間かかるかかる!


写真はリースの飾り用糸巻

ヤドリギをモチーフに消しゴムはんこを彫ってペタペタ


e0041500_21405176.jpg


屋号の判子も消しゴムはんこ製。
リースのラッピングに大活躍♪

はー、あとオーダー品を少し仕上げる予定。

新作はそれからということで。









[PR]
by 4seasons-kurumi | 2014-11-22 21:53 | 消しゴムはんこ& 蔵書票
蔵書票のワックス処理
e0041500_16133139.jpg

いやはや、こちらでは随分と久しぶり。

春も夏もすっかりすっ飛ばしての親方の帰還。
前回のブログ更新はなんと猫の日!っちゅうのだから心臓である。


この間、親方は子宮筋腫の手術などでちらっと入院したりもしたが、大方は鼻くそほじったり
ゴム版彫ったり、巾着を縫ったりして過ごしていた。

e0041500_16141693.jpg

最近ではめっきりお手元の方が怪しくなり、夜の細かい作業が苦しくなってしまった。
うーむ、これは結構がんばったのだが、トンボの羽の模様を随分と彫りとばしてしまっている。

白い和紙に白インク
それだけではほとんど紙に同化して見えないのだが、これをワックス処理するとあら不思議!
レース様に浮かび上がる細かな陰影
ちなみにワックスとは蝋のこと。
仏壇から失敬した蝋燭でもこの仕上がり。



e0041500_16143390.jpg

数年前に彫った黒猫と少女のゴム版でも。

e0041500_16145011.jpg

ワックス処理を施すと気持ちぱりっとした質感になるのでこんな病的な細工もできちゃうのだ。


e0041500_1615563.jpg


大きさの比較として。
ありゃりゃ!デザインカッターの刃がちびている!


さて、ここでちらりと告知をば。

巾着部というweb部活に現在所属中の親方。
この週末9月27日から10月2日までの1週間
大阪南船場にあるタピエスタイルにてリアル部活発表会なるものに参加する。
詳しくは明日にでも告知記事を掲載予定!!


みてにょ♪







[PR]
by 4seasons-kurumi | 2013-09-24 17:12 | 消しゴムはんこ& 蔵書票
mission2 金のガチョウ作戦


e0041500_22573949.jpg


青い本のモチーフに選んだアンデルセンの「金のガチョウ」
実物を見ていただいた方もいらっしゃると思うのだが、
担当ページの一枚目にレイアウトした蔵書票に、キンピカのガチョウが1羽貼り付けてある。
※ ↑写真は蔵書票ではありません。

本日はこのキンピカガチョウの「からくり」をば。

e0041500_22583142.jpg

なんだ、ガチョウじゃないじゃん!と苦情がきそうではあるが
この「からくり」を思いついたヒントは3月に遡る。

震災で世の中の苦しみ、哀しみが混沌としている最中、
親方は、この4月初旬に挙式を控えた友人夫妻から依頼された
ウエルカムボードの製作
に頭をなやませていた。

険しい道のりを歩んできた二人のことを知っているだけに、
一等素敵なボードをこしらえたくて、試行錯誤・・・、アーでもないコーでもないと
素材をこねくり回して出来たのが上の写真↑のロゴ
実際はボツにしたんだけども。

画用紙に書いたロゴを切り抜いて、顔料インクのペンで塗りつぶす。
そこへ、エンボスパウダーをたっぷりふりかけて、ヒートガンで丁寧にパウダーを溶かす。
普通はスタンプで捺した絵や図柄を浮かび上がらせるために使うものなのだが、
これは逆転の発想。
切り抜いた型をエンボス加工することで、メタルパーツモドキが出来てしまうという裏技である。

e0041500_22584730.jpg

写真は青い本で使用した判子たち


ガチョウに話を戻そう。
今回の青い本の発行部数は70部(販売は50部あまり)
当然キンピカガチョウも70羽要る。

流れ作業の効率を考えて、まずはガチョウの消しゴムはんこを彫る。
ラベルシートの端っこ(他のものに使った残りをとって置いたもの)にハンコを捺す。
1羽ずつハサミで切り抜く
切り抜いたガチョウにインクをまんべんなくつける
エンボスパウダーをふりかけ、メタルパーツに仕上げる。
ラベルシートを剥がして、蔵書票枠に貼り付ける。
※ラベルシートを使うのがミソ。シール状になっているので、手が汚れず扱いやすい。
e0041500_2259459.jpg

なんも、そこまでせんでも、直接「票」にハンコ捺してエンボス加工すりゃぁええじゃん!
と言われそうだが、チッチッチッ!
親方の使う紙は、薄い和紙系のものが多いため、インクが染みこんでしまい、
パウダー自体がのらないのだよ、明智クン。


[PR]
by 4seasons-kurumi | 2011-08-07 00:08 | 消しゴムはんこ& 蔵書票
MISSION!お姫様を笑わせろ!


e0041500_0243716.jpg


mission

「お姫様を笑わせろ!」


青い本に使ったパーツのひとつがこの切手
モチーフはアンデルセン童話の「金のガチョウ」

ある国に笑わないお姫様が住んでいて、困り果てた王様が国中に
「姫を笑わせた者には望むだけの褒美を与える!」という「おふれ」を出す。
我こそは!という若者が集まり、ありとあらゆる方法で、姫を笑わせようとするのだが、
肝心の姫はニコリともしない。
はてさて、姫を笑わせることが出来る若者は現れるのだろうか!?


テーマが「青」と「手紙」ということで、アンティークの古切手の中に
手作りのオリジナル切手、その他細々したものを配置した。

本日は、その簡単なメイキングをば。



e0041500_025227.jpg

ベースに使用するのは、女の子の図柄のアンティークポストカード2種

e0041500_0251694.jpg

この2枚の顔の部分をモンタージュ写真のように合成する。

e0041500_025343.jpg

合成部分の継ぎ目をペイントツールで均す。
花の冠なんかも被せちゃったりする。

e0041500_0254885.jpg

むっつりと閉じた口角を上げる。
目の表情をつける
e0041500_026347.jpg

色味の調整をして、切手風味(やや画質を粗く加工)にデコレーションする。


ちなみに、英字新聞ぽく見えるパーツは、
アンデルセン童話のテキストをコピーしてそれ風に加工したもの。
なんせドイツ語なんで、苦労したんである。




[PR]
by 4seasons-kurumi | 2011-08-05 00:51 | 消しゴムはんこ& 蔵書票
kotonoyaさんのDMデザイン


e0041500_21515644.jpg


胡桃の椅子の作品を置かせていただいている福岡の「kotonoya」さんが
この秋、中央区大手門にお引っ越し、リニューアルオープンされることとなりました。

そして、光栄にもリニューアルオープンのDMデザインを任せていただきましたので、
ちらっと見せびらかしませう。

e0041500_2152108.jpg

↑クリックで拡大


新店舗ではギャラリーも兼ねられるとのこと。
作家さんの個展はもちろん、1日だけの「お教室」などにもご利用いただけるようです。

オープン日は9月20日
お近くの方、また福岡にご旅行に出かけられた際は、是非覗いてみてくださいね。

胡桃の椅子もオープン日までには、なにか制作をして納品する予定です。
その「なにか」は、これから考える予定(笑)
何にしようかな~(まだ頭の中からっぽ)


ああ、それと今年もkotonoyaさんから判子のオーダーをいただき、初回から数えて4個目の判子を彫らせていただきました。

青い本の制作で納期がぎちぎちだったので、完成写真を撮り忘れ・・・。
判子デザインはDMの画像にある「リコーダーネコズ」にしました。
ご紹介は、店主YUKIさんが写真をアップしてくださるのを待ちたいと思います。
・・・っておいっ!!

HPも新しくなってます。
お店の準備の様子なども時々アップされますので、気になる方はチェック!チェック!!



kotonoya



***************************************************

[PR]
by 4seasons-kurumi | 2011-08-02 22:37 | 消しゴムはんこ& 蔵書票
青い本、完売しました
e0041500_012429.jpg




青い本、完売したとのことです。

ありがとうございました。




[PR]
by 4seasons-kurumi | 2011-07-30 00:17 | 消しゴムはんこ& 蔵書票
猫嬢、現場を監督する
e0041500_23433731.jpg

青い本の販売、いよいよ本日(29日21時)となりました。

限定70部ということで、A5サイズの紙3ページ×70枚分
ちまちま手作業で仕上げました。

e0041500_23431974.jpg

くーちゃんも現場監督として参加
もしかしたら、猫毛つきの作品があなたに届くかも!?
(よ~く点検しましたからそんなコトはないとは思いますが…)


売上は全額「義捐金」にあてられるとのこと。

ご協力、どうぞよろしくお願いいたします。



東日本
大震災復興
支援のために
有志の方にペーパ
ーを作っていただき
集めて本にして販売
して売り上げたお金
を、全額義捐金と
して日本赤十字
社に送るとい
う企画


ご購入は1人2冊までとさせていただくそうです。
詳しくは青い本「Liber Caelreus 」まで







******************************************************

[PR]
by 4seasons-kurumi | 2011-07-29 00:13 | 消しゴムはんこ& 蔵書票
卯年*年賀状
e0041500_1155513.jpg

今年の年賀状2枚。
実は、↑の年賀状を製作したのは元旦の夜。
ある方から、判子作品の年賀状をいただくにあたり、下の印刷モノではあまりにも申し訳ないので1点モノのつもりで製作しました。
というのも、この「3Rabbits」のゴム印、クッション材を挟まずに土台に直接接着しているため、試し押しの段階になってカスレの度合いがあまりにも大きく、「こりゃ、量産する年賀状には使えまへん!」となったもの。
このまま、お蔵入りか?というところを、版画の要領で数枚刷りとり、無理矢理レイアウト。
ァ…、ウサギ以外は印刷です。

e0041500_1156111.jpg

なので、ほとんどの方がこっちバージョン。
あらん…私、判子作品期待してたのに~という方がいらしたらご容赦を。
つーか、まだまだ、出し漏れがあるような…
(↑25日に間に合わそうと、リストチェックせずに、テキトーに宛名書きをしたアホです)










[PR]
by 4seasons-kurumi | 2011-01-04 11:57 | 消しゴムはんこ& 蔵書票
クリスマスの落書き

e0041500_0404388.jpg

ハジメマシテ。栗須磨子「くり すまこ」です
e0041500_0383863.jpg



いや~
すまぬ すまぬ!
今日はネタぎれ
また明日





気が向いたら1票よろしくッス

[PR]
by 4seasons-kurumi | 2010-12-16 00:43 | 消しゴムはんこ& 蔵書票