「ほっ」と。キャンペーン
カテゴリ:作家( 6 )
シスコ室内履きや
e0041500_2215555.jpg

「シスコ室内履きや」というちっこいおばさんがいる
ブログを通しての友人であるが、この店主、ただちっこいだけではなく、実にすばらしい室内履きを編み編みする名手である。

写真の室内履き2点は親方がこの冬の寒さ対策用にとオーダーしたもの。
一足目は試しに・・・という感じでオーダーしたのだが、これがなかなか良い感じだったので、すぐさま二足目の追加オーダーをかけた次第。


e0041500_22345761.jpg


これが本日届いた親方の室内履き2号
なんと生糸を一からヨウシュヤマゴボウの実で染め上げたという逸品で、この紫のグラデーションの美しさと言ったら、ちょっとうっとりするくらいの素晴らしさ。
糸自体もふっくらしており、履き心地も満点!
なにより、自分の足のサイズに合わせて編んでくれるので、フィット感がハンパない(←日本語としてどうよ?と思わんでもないがこの表現がぴったりなのだからしようがない)



e0041500_22351171.jpg


うちの猫嬢も通りすがりについスンスンしてしまう。

e0041500_22164077.jpg


糸サンプルもついてきた。
今回のオーダーはモニターも兼ねた特別なもの。

店主が操るヨウシュヤマゴボウ染めの糸というのは時間と手間がこれでもか!とかかったとても貴重なもの。ヤマゴボウの実をジューサーで挽いて、それを発酵させながら数日かけて繰り返し糸をくぐらせていく。染める回数や触媒の種類、量を微妙に変えて紫のグラデーションを出しており、その色が1年後にどの程度退色するのかを知りたいのだと言う。

はてさて、1年後のレポート提出まで、存分にぬくぬくしようではないか。

※糸サンプルはオーダーごとに付いてくるわけではありません。


e0041500_22165392.jpg


こちらは1号の室内履き
鉄色に近い赤で見た目も仕様もあったかい。


e0041500_2217339.jpg


たかが室内履きにあらず。
ちょっと器用で編み物経験のあるおばさんなら、少しがんばれば編めるかも・・・とお思いかもしれないが、この踵の丸みを出すのがなかなか難しい。
足のサイズに合わせてゲージを考えたり、毛糸選び、編み図探しなどしているうちに編む気力はだんだんソガレて箪笥の肥やしになるというパターン(経験者は語る)
まぁ編み物に限ったことではないが、無駄な在庫を抱えぬうちに、餅は餅屋へ。
室内履きは室内履きやへ・・・というのが親方の懸命な選択なのである。


e0041500_2217145.jpg

1号のほうは11月はじめに届いて、もうずいぶん履き倒しているもので、履き癖がついていびつに歪んでしまっているのだが・・・

参考までに、親方の靴のサイズが24センチ。
ハイソックスに室内履きというサイズ設定でオーダーサイズは23.5センチ
編地自体も伸びるので、履くシーンによって店主と要相談

e0041500_22172580.jpg

ただ、このちっこい店主。
ひとりでちまちま商いをしているので、お急ぎの方には不向きかもしれない。













*************************************************


[PR]
by 4seasons-kurumi | 2012-12-10 23:57 | 作家
青い本/Liber Caeruleus

e0041500_1574072.gif

e0041500_1584912.gif


e0041500_158887.gif

e0041500_1583054.gif










東日本
大震災
復興
支援のために

有志の方にペーパ
ーを
作っていただき
集めて本にして販売
して売り上げたお金
を、
全額義捐金と
して
日本赤十字
社に送る
とい
う企画




ペーパー本のバナーをいくつか製作する。
作ってるウチに、なんか脱線。
バナーもいいけど、こんな色あそびのテキストにリンク貼るのもおもしろいかも~
[PR]
by 4seasons-kurumi | 2011-04-10 02:43 | 作家 | Comments(4)
ノスタルジック・サーカス



e0041500_422732.jpg

少年展第一回
~ノスタルジック・サーカス~

展示期間
2008年5月22日~27日
展示場所
高円寺:ギャラリー・ジュイエ
〒166-0002
東京都杉並区高円寺北3-41-10 メゾンジュイエ1F

親方憧れの月男氏羊毛倉庫さんが参加されると聞きつけ、こりゃぁ宣伝しないわけには行かないじゃないですかっ!と鼻の穴を膨らませつつ慌てて記事にしております。
もうすでに始まっているとのこと。
お近くの方は是非っ!!

ナカガワユウヰチ氏(月男氏)による
三日月の夜通信はコチラから。

More
[PR]
by 4seasons-kurumi | 2008-05-24 04:25 | 作家 | Comments(10)
桜の開花予想と月男氏の個展





みかんの郷の桜の開花予想日は なんと今月の17日だと言う。
ここのところまるで冬だったことを思い出したように冷え込む日々が続いているが、桜の蕾はぷっくりと膨らみ、はじけるタイミングを今か今かと待っている・・・。
そんな春の吉日
敬愛申し上げる月男氏の個展が 倉敷の蟲文庫にて開催される・・と聞けば、行かずにはいられまい(笑)
岡山の開花予想日は3月28日頃とのこと。
風情ある倉敷の町に満開の桜。
そして、泣きそうなほど素敵な月男氏の作品。
しかも、蟲文庫で・・・。

役者は揃った!!
「イザ イカフ!桜前線ヲ道案内二!!」
[PR]
by 4seasons-kurumi | 2007-03-12 17:17 | 作家 | Comments(6)
今、手の中にある幸せ



e0041500_2210531.jpg

羊毛倉庫さん作
「山羊のこども」というお人形です。
ニードルフェルティングフェルティングニードル(←の間違いでした)という特別な針を使って製作された人形ですが  
この完成度の高さ!この透明感!この不思議感!!!
一目惚れでした。


*画像を一部加工してあります。
お人形が2体あるわけではなく 実際は 「山羊のかぶり物」と「男の子」のセットです。

More
[PR]
by 4seasons-kurumi | 2007-02-08 22:28 | 作家 | Comments(12)
アコガレの月男氏
e0041500_9521351.gif

流行雑貨、胡桃の椅子。
このラベル、紙片美術館でご一緒させていただいた「ナカガワユウヰチ氏」よりいただきました。
「ええ感じ」でしょう?!!(うっとり)
しかも、ちょっと私に雰囲気が似ているし!!!
氏のご厚意で、プライベートHPの広告ページにさりげな~く載せてくださっており、 その画像を今回無理を言って譲っていただきました。
も~・・・なんて素敵なのかしら!!(鼻息~)
コレを胡桃の椅子のメインラベルにするつもりです。
う~ん、プロなので当たり前といえば当たり前ですが ココまでドンピシャ!にツボをつかれたら
もうメロメロ(笑

ご本人にお会いしたことも、・・いったいお幾つなのかも存じ上げませんが(笑)、胡桃の椅子的イイ男ランキングでは只今のところ第1位!
いいえ、モノをもらったからではありません・・・笑
理由は 氏のHP「月方形ノ月ノ票本箱」をご覧になっていただけると判ると思いますが、
とにかく・・・・素敵なんです。
初めて拝見したときは、もう・・・衝撃的で、何時までもぽ~っと見入ってしまうほどで、
どこか懐かしい映画を見た後のような心地よい余韻で胸がいっぱいになったのでした。

e0041500_1145072.gif

今回、紙片美術館に参加した記念に・・というのと、ちょうどもうすぐ誕生日だった・・というのもあって ナカガワ氏の蔵書票作品のひとつを我が家に迎えました。

小さな箱の中の小さな宇宙
[PR]
by 4seasons-kurumi | 2006-11-14 11:06 | 作家 | Comments(17)