<   2006年 02月 ( 26 )   > この月の画像一覧
ゴモラくん・・・汗
e0041500_21531167.gif


算数の授業で箱の展開図を習ったらしい・・息子くん・・・・。
習った割には、セロテープだらけですが 「それで?」と聞きたくなるようなオチがよろしい(笑)
[PR]
by 4seasons-kurumi | 2006-02-28 21:57 | 家族
ビールマンスピン by miss. ARAKAWA!
e0041500_1102565.gif

miss.ARAKAWAのビールマンスピン・・・・。
突然思い立って こんなスタンプを作りました。
イナバウワー・・・(Ina Bauerと書くそうです 因みに人名)ではなくてあえてビールマン・・。
何故かっていうと、ヤッパリデザイン上、絵になりますからね
イナバウワーでもシルエットを起こしてみたんですが・・・重なりが多すぎてイマイチ優雅に決まらなかったので断念しました(涙)

100均の小さなクラフト袋に押してみたら、あら・・・なんだか雰囲気が良くて、調子に乗ってアップしてみました。
ついでに 日の丸みたいな小さい袋は 今日届いた荷物のラッピング紙。
コレをちまちま貼ってミニ封筒にしたものです。
貧乏性なのか・・味のあるこんな紙は たとえ切れ端でも捨てられない・・・。
クローゼットは すでに飽和状態なんですがねぇ・・。

さて・・・コレに何入れましょうかね^^
[PR]
by 4seasons-kurumi | 2006-02-28 01:26 | 消しゴムはんこ& 蔵書票
stamp-flower arrangement!

e0041500_21272868.gif

ちょっと 可愛らしい作品を・・・^^
カフェオレボールに庭の花を無造作に挿したイメージをデフォルメして彫り上げました。
見た目、複雑そうに見えますが・・・
実はパーツをバラバラに彫って 組み合わせてあるのです

e0041500_21274273.gif

彫ったパーツは6種類・・・
花が重なってもクッキリ浮き立つように黒と白の分量にこだわりました。

ほら・・・こんなアレンジだって出来ちゃいます^^↓
e0041500_21271183.gif

大輪の薔薇も彫ってみたいアイテムのひとつ・・・
ま・・・・いろいろお仕事を片づけてから・・ですけどね。

スタンプが彫りあがったので 明日発送いたします。
しばらくお待ちくださいね^^
[PR]
by 4seasons-kurumi | 2006-02-26 21:37 | 消しゴムはんこ& 蔵書票
路地にて
e0041500_0545378.gif

三津の商店街へ抜ける路地裏で 可愛い三毛に出逢った。
遠慮がちに「ミィ~・・・」と小さく鳴く。
雑然と積まれた箱に投げ置かれた 半分干からびたようなぞうきんの上に身を沈めるようにしてうずくまっていた。

土曜のお昼、・・・・私達家族はよくこの町に出没する・・・笑
お目当ては、数ある讃岐うどんの名店はあれど・・おそらくココが日本一!と勝手に入れ込んでいる「踊るうどん永木」の醤油うどんである。
ココのことは以前にも熱く語った憶えがあるが、本場讃岐のどの店よりも 松山にあるこの「うどん」でなければ・・・という惚れ込みようなのである。
で、いつものように 少々並んで後、念願の「ブツ」をたいらげ いつものように
「ごちそうさまでした~」と愛想を振りまいて店の外へ出る。
う~ん・・・・いい気持ち・・・。
少し風は冷たいものの、日差しは春に限りなく近く、ふと思いついて そこから歩いて10分ほど先にある 昔ながらの商店街まで散歩をしよう・・ということになった。


「秋風や 高井のていれぎ 三津の鯛」
その昔・・・正岡子規が 望郷の念を募らせて詠んだこの句にもあるように 三津とは かつて 松山の海の玄関口と呼ばれ(今は高浜にとってかわったけれど・・・)魚市場がたち商人達でにぎわう活気ある町だった。
一部戦災を免れたこともあり 戦前の古い家が所々に残っており 
少し路地に入れば たちまちノスタルジックな趣をアチラコチラにみつけることができるのも魅力。

「この道、入ってみようか・・・!」
わざと小さな路地に入り 袋小路に行き当たりはしないか・・とドキドキしながら 先へ進む。
ちょっとした 探検隊気分の土曜の昼下がり(笑)
突然開けた民家の庭には 水仙に白梅、時々ジンチョウゲの花がいい匂いを漂わせていた。
そしてその先に・・・魅力的なものを見つけてしまった!
「書き方鉛筆・・・・・」ブリキ製の看板だった。
古い、古い、文房具店のようである。
店番の人はいない・・。
独特のガラスの引き戸の外側から なかの様子をうかがってみる。
一応、お店は開いているようだ・・・・でも・・汗
狭い店内はよくある昔の駄菓子屋のような作り・・・・その中にうずたかく ごちゃごちゃに積み上げられているのは 年代物の大学ノート・・・・
文具棚にはさびかけのコンパスやら マジックやら・・・が隙間なく雑然と差し込まれている・という具合でとても売り物・・という感じではない・・・・。
その上、尋常ではないほどの埃とススにまみれており、この私でさえ一瞬ひるんでしまうような状態なのだ・・・笑

「でも・・・なんか掘り出し物があったら・・・・」とどうしても素通りできない たちの悪い家族3人・・・・両親に思いっきり影響されている息子でさえも例外ではない・・・というのが悲しいところ・・・
もう少し 様子をうかがおうと半間ほど開いた引き戸の前へ体をせり出したその時
「ピンポ~ン ピンポ~ン ピンポ~ン・・・・・」と例の
ドアチャイムが鳴ってしまった。

は~いっ・・・・と奥からおばあさんが現れる。

流石に、「just looking!」ウインドウショッピングよ!というわけにもいかず 多少引きつり笑顔のまま店内へ・・・涙
で、こんなモノを見つけた↓
e0041500_055810.gif

千羽鶴用の折り紙で 懐かしい女の子がにっこりと微笑むパッケージ・・・
も・・・もしかしてココは20年・・・・いや・・ヘタしたら30年は商品が動いてないのでは・・・?

息子は「なめ猫」の缶ペンケースをお買いあげ。
コレ・・・・今の復刻版ではなくて 大流行した当時のものらしい・・・汗
お・・恐るべし・・・・

折り紙はオマケにしてくれたので 350円の支払い。
商品も直で「ほいっ・・・」と手渡された(笑)

手はススで真っ黒け・・・・汗(家族3人とも!)
ま、エキサイティングな体験・・には違いなかったのだけれど^^
[PR]
by 4seasons-kurumi | 2006-02-26 00:57 | お出かけ
春の足音
e0041500_20252893.gif


暖かな一日でした。
待ち遠しい春は もうすぐそこ・・・・。
今、胡桃の椅子のトップページにすましてに鎮座しているウサギさん・・・
おひな様にアレンジする前は 「春待ち兎」と呼んでいました。^^

今日の日差しは一段と柔らかく、
春待ちウサギの頬も いつもよりほんのりと桃色・・・。
牡丹色の綸子の着物が頬に反射して、今日の彼女はなんだかいつもより色っぽい。
色っぽいと言えば、今日金メダルをとったスケートの荒川選手・・・・
彼女もゾクッとするほど色っぽかった・・・・。
アジアンビューティー・・・・
おっと・・あれはシャンプーのキャッチフレーズだっけ・・・(苦笑)



「季節の葉書」本日普通郵便で発送いたしました。
スタンプは今制作中ですので 2.3日お待ちくださいね。
[PR]
by 4seasons-kurumi | 2006-02-24 20:34 | 季節の話
cafe au lait daifuku!
e0041500_18164330.gif

息子が学校から帰るなり 言いました。
「ねぇ、かあさん・・ハツガゴメのほかに お米の名前って何がある?」
は?
なんですって?(質問の意図以前に・・・何を言ってんだか・・・がワカラナイ)
「は・・ハツガゴメ・・って・・・!それを言うなら「ハツガマイ」でしょうがっ!」
「え?そうなん?」
毎度彼のすっとぼけたリアクションにはに 本気で力が抜ける母・・38歳。(蠍座)
「オレが思いつくのは、あと・・・「ムセンマイ」なんだけど・・・なんか他に無いかなぁ?」と続く。
「それは・・・お米の種類・・というようりも・・・なんて言うかなぁ・・こう・・米の特色みたいなもので、種類というのは コシヒカリとかアキタコマチ・・とかいう名前のことじゃないの?」
オソラク 社会の宿題かなんかだわ・・と見当をつけた母が真剣に語ること5分。

「おおぉっ!じゃあ・・アキタコマチに決定!」
私の話に真剣に耳を傾けていた彼が突然大声でこう言った・・汗

おいおい、何が決定なんだよ~!!
まだ話が見えないんですけど。

「あぁ・・・・あのね、オレの必殺攻撃の名前のこと」

「はぁあぁぁあっ?」

「必殺!アキタコマチッ!っていい響きだよねぇ・・・」

「・・・・・・・・それだけ?」

「それだけっ」
この後 彼は延々と必殺アキタコマチがどれだけ凄いか・・を説明してくれました。

母さんは・・
母さんはね・・・・
今日ほど 君の頭をかち割って中が覗いてみたい・・と思ったことはなくてよ・・(涙)
果たして なんで・・米の名前なのか・・・いつか解明される日が来るのだろうか・・・・汗。



イチゴ大福の白あんが3分の1ほど残っていたので
カフェオレ大福を作りました。
極少量の熱湯で溶いたインスタントコーヒーを(スプーン山盛り3杯ほど)白あんに混ぜ
「珈琲あん」を・・・・
バットに平たく並べて その上にホイップを絞り冷凍庫で2時間冷やし固めます。
2時間後、粉を溶く水にもさっき溶いた珈琲を入れ 後はイチゴ大福の要領で包みます。
このとき 凍った「あん」と「ホイップ」を手のひらで転がして丸く形を整えてから包むのがコツ。
珈琲は思いっきり苦めのほうが 美味しいです^^
[PR]
by 4seasons-kurumi | 2006-02-23 18:17 | 美味しい!
イチゴ大福レシピ
1年ほど前、えむず工房さんに作り方を教わり ハマりまくったイチゴ大福^^
蒸し器を出すまでもなく 電子レンジで出来てしまうので スウィーツ作りが苦手な私にも作れました。
教えてもらったレシピよりも 少し砂糖を少な目にして 罪悪感を軽減してみたりして・・・・・笑
コツは白あんとイチゴの比率を1:1にすること・・・・
生地もほんのり甘いので あんをもう少し減らしても美味しいかもしれません。
熱々を包むので 手の皮が薄い方は注意してくださいね^^
え?私?
ノープロブレム!
手の皮の厚さでは自信アリ^^


e0041500_2125287.gif

e0041500_21251956.gif

イチゴが小さめだったので レシピでは8コ分のところを12個分とることにします。
① 市販の白あんをイチゴの大きさと同じくらいに丸めておく

② 先ほど丸めた白あんを軽くつぶし、ヘタを取ったイチゴを上に乗せる

③ イチゴの頭が少し出るような感じで白あんで包み 手のひらの上を少し転がし丸く形を整える

④ 耐熱の容器(ウチではどんぶり・・笑)に分量の白玉粉と砂糖、水を入れて箸でササッと混ぜラップをかけて電子レンジへ

⑤ 電子レンジで2分加熱し 容器を取り出して再び混ぜる。

⑥ 電子レンジでもう2分加熱(生地の表面がつやつやしていたら出来上がり)早っ・・

*生地は非常にくっつきやすいので 大皿の上 もしくは台に直接サランラップを敷き、ひとつかみの片栗粉を振っておく

⑦ 熱々のままの生地を打ち粉の上に流し まんべんなく粉が行き渡るようにする(ここポイント)

⑧ 包丁で12等分して イチゴの頭に生地を被せ ひっくり返して「あん」を包む
熱々のうちにすることと 生地を引っ張りすぎるとイチゴの部分が破けるので注意!

⑨ 出来上がり!
 
[PR]
by 4seasons-kurumi | 2006-02-21 17:11 | 美味しい!
雨のち・・・大安。

e0041500_8395097.gif
今日は大安。
我が家も やっとおひな様を飾りました。
胡桃の椅子のmy livingにもご紹介していますが このうさぎさん、8年ほど前に製作したもの。
ちょっとアホ面のうさぎもおりますが・・・汗
コレでなかなか愛着のあるお品です。
こう飾る!という決まりも特になくて・・・年ごとに配置を変えたり お道具をつけたしたりして愉しんでいます。
「ママゴトか!」と突っ込まれそうな怪しさを醸し出しながら・・・・・・笑

先日来、家事をほっぽり出して製作していた うさぎさん達も 大安の日の今日
無事遠く離れた地へ嫁いで行きました。
元気で可愛がってもらうのよ・・・・
ちょっと花嫁の母・・・の心境だったりして・・・・笑泣


e0041500_206710.gif

1年ぶりにイチゴ大福を作りました。
息子の友達にも大好評で 12コ作って あっと言う間にぺろり・・・(オイオイッ!)
私の口には1コしか入らなかったんだってば~(涙)
[PR]
by 4seasons-kurumi | 2006-02-20 20:06 | 季節の話
ジーンズライフ
e0041500_1383730.gif

息子のお気に入りのGパンの膝に とうとう穴が空いてしまいました(涙)
成長著しいこの時期 ジャストフィットのGパンはケッコウ貴重・・・・。
あ~あぁ~・・・・・(ため息)

彼の通う小学校は制服がないので 毎日ジーパンで登校します。
6本のジーンズをローテーションしていくのですが
我が家ではGパン類をまとめて洗濯するもので 雨続きの日などは下手すると次の日履いていくズボンがない・・・という事態に陥ったりします(たぶんウチだけ・・・汗)
そういうときも 一本のGパンは貴重な存在・・・・(いや・・マジで・・・)
それと 同じ年頃のお子さんをお持ちの方なら解ると思いますが 140,150サイズの男の子の服って
なかなかオシャレなものが少なくて困るんです・・・。
ビシッとオシャレに決めたい・・・とか思っているわけではなくて せめてフツ~のシンプルなデザインのもの・・・を求めているんですが コレがなかなか見つからないんですね。
パンツも今流行りなのか・・・ダボッとした物とか 下手するとTしゃつに竜がついてたりする(笑)
こういうの・・超苦手なのですよ・・・。
アメカジ過ぎるのも苦手だし・・・・
などとわがままを言いつつ Gパンだけはこだわって買うようになりました。
彼のGパン歴ナント6年。
姉には「着道楽に育てたら後で後悔するよ~・・・」と脅されますが
私達にとっては たかがGパン・・・されどGパンなのです(笑)

さて・・・・この大穴の空いたGパンを残念からげながら見つめていた母・・・・
いくらファッションだと言えど 流石に穴が空いたものを学校に履かせていく訳にもいきません・・・。
で、何とかカッコヨク補修をする手段はないか・・・と考えまして  こんな風に穴を塞ぎました。
あて布もせずひたすら刺し子をしていく・・・という裏技!
幸いにも本体の横糸は無事でしたので 穴の空いた部分はカゴを編む要領で上下上下・・・と縦糸を通してあります。
写真では見えにくいですが 赤糸の間にびっしりと水色の糸で刺してあるんですよ。
どうです?
なかなかカッコヨク仕上がったでしょ?

因みにチョウチョは 私のジーンズのスカートの穴を塞いでいるものです(笑)
ナントですね・・・・
生地を裁断するときに 鋏でスカートまで一緒に切っちゃったんですよ・・・・涙

う~ん・・・なんてエコエコ家族なのっ!
って自己満足のレポートでした。
[PR]
by 4seasons-kurumi | 2006-02-20 02:17 | hand made
無事帰還!
e0041500_21144345.gif

長らく留守にして 申しわけありません。
この4日間、家に缶詰で外注のおひな様を作っていたもので・・・・
やっと先ほど梱包を終え 後は発送を待つのみ・・となりました。
取りあえずほっ。
あと、まだまだ他のオーダーが控えてるんですが まぁちょっと息抜きを・・というので この記事をアップしている・・・というわけです。

さて・・・写真の可愛いTin缶はなんでしょう?
ざるをかぶった犬の切り絵が愛らしい その名も「笑笑玩玩」という中国茶。
「シャオシャオ ワンワン」と読むのだそうです^^(玩は中国語で「遊ぶ」の意)
高松に住む友人がバレンタインに・・と送ってくれた荷物の中に入っていました。
烏龍茶、緑茶、黒茶のブレンドティーで
なんでもlupiciaの2006年お正月限定モデルとのことでした。

それにしても・・なんて可愛いんでしょう!
「笑」という字の由来は 「犬が竹ざるをかぶった姿を笑った・・・」ことから来ているそうで
なるほど・・・よく見ると竹冠に犬と書きますよね。
ご存知でしたか?

ふぅ~~~ん・・・・

それと 犬は安産のシンボル
風を通す「ざる」は「鼻が通る・・」という意で 子供が風をひかない「おまじない」でもあったんだそうです

へぇ~・・・・・・・

勉強になりますなぁ・・・・(笑)




コメントを寄せていただいた方々へも お返事が大変おそくなってしまって・・・ごめんなさい。
カウプレのほうも みなさん無事届いたようで 良かったです^^
たまっているメールへの返信もぼちぼちやっていますので もうしばらくお待ちくださいね^^
[PR]
by 4seasons-kurumi | 2006-02-18 20:59