<   2006年 05月 ( 22 )   > この月の画像一覧
スタンプ13点
e0041500_2295999.gif

蔵書票展のために彫ったアンティークキーのスタンプが8点
あと、アールヌーボー調の丸枠や今までの作品の一部を会場にて販売予定です。
いちおう記録のために写真に残しました。
どんな方のところへお嫁にいってくれるかな・・・。
あ・・・もし戻ってきたら(笑)ココでお分けいたしますね^^
e0041500_22101935.gif

[PR]
by 4seasons-kurumi | 2006-05-31 22:11 | 消しゴムはんこ& 蔵書票
ドイリーの蔵書票
e0041500_21333748.gif

ミニドイリーを貼り付けた蔵書票。周りの枠は透かしになっています。
こういうのを数点 イベントの販売用に製作しました。

眠いので寝ます。
お返事・・タマッテマスが明日までお待ちください。
[PR]
by 4seasons-kurumi | 2006-05-30 21:36 | 消しゴムはんこ& 蔵書票
日本と世界の蔵書票展のご案内
いよいよ6月2日から東京古書会館にて「日本と世界の蔵書票展」が始まります。
アンダーグラウンド・ブックカフェvol.7のイベントのひとつで 期間中は 他にも古書に関わる様々な催しが目白押し!
お近くにお住まいの方は是非お出かけくださいね^^

胡桃の椅子的には実はイベント初参加!
お話をいただいたとき あまりの興奮に鼻血ものでしたが それもつかの間のこと・・
日を追うゴトに自信を喪失・・つまり思いっきりビビってしまったわけで
未だ、その緊張は解けません。
展示される数々の素晴らしい作品の中で ショボイ私の作品が どれだけ見るに耐えられるのか・・・
考えるだけで背中に汗が流れます。
ま・・ほんの小さなコーナーなので 笑って通り過ぎてやってください。
現地には胡桃さんと猫姉さんたちがスタンバっているはずですから^^
(残念ながら私は蜜柑の郷に居残りです)

↓キャラメルの箱仕立ての蔵書票なんかもあります^^


e0041500_22544547.gif




手元にこのイベントのパンフレットをいただいているのですが コレがなかなか味のある逸品
↓は表紙です。
e0041500_2255352.gif


日本と世界の蔵書票展

日本書票協会が所蔵する古今東西の
著名作家による蔵書票を数百点展示します!

日時 2006年6月2日(金)~6日(火)10:00~18:00 入場無料 
場所 東京古書会館2階ギャラリー


主催 日本書票協会 千代田区内神田1-5-11
    セントラル大手町ビル301
電話 03-3291-5519 
e-mail exlibris@oregano.ocn.ne.jp
後援 東京都古書籍商業協同組合

詳しい中身はコチラ
[PR]
by 4seasons-kurumi | 2006-05-29 23:02 | 消しゴムはんこ& 蔵書票
彼の分析...28日の薔薇
e0041500_22563144.gif

結婚記念日でした。
ダーリンからは 花かごと本。
好みの偏った私の性格を彼なりに分析して 毎年こうして本を贈ってくれるのです。
今年のは 「お守り手帳」という本でした。
京都のお守りがモチーフ別にカタログ形式で紹介されており 実は京都のガイドブックも兼ねている・・という変わり種^^
思い返すと 私は彼から活字が詰まった読み物の類を贈られたことがない・・・。
週に3日の図書館通い・・・。時々思いついたように私に・・・と借りてきてくれる本なども ほとんどが写真集とか猫の漫画・・・とか、ビジュアル系のものばかりだし(笑)
なるほどネェ~・・・12年のつきあいだもの・・・私の活字嫌いをよく分析してるわね~・・・(笑)
ちょっとバカにされてる気もするけど・・・・・(ちっ)

e0041500_22565030.gif

[PR]
by 4seasons-kurumi | 2006-05-28 23:27 | 花/28日の薔薇
念願のジャラジャラ^^
e0041500_2125033.gif

「痒い!
は・・鼻の中が異常に痒いっ!」
もうもうと立ち上がる木粉にまみれて さっきから痒いのを我慢している。
って、何をしているのかと言えば 削り立てのスタンプの持ち手にヤスリをかけているのである。
ああ!!もう限界!!
と 猛烈な勢いで 鼻の穴の辺りを荒々しく掻き上げた。
「あ・・・・・。」
と我に返る。
そう、何で痒いのを我慢していたのか思い出したのだ。

私の両手は さっき試し押しした際についたスタンプインクで真っ黒になっていたのだった・・・涙



物作りをする日の私の指先は汚い。
それはセラムコートだったり ボンドのカピかピだったり 洗い残したインクだったり・・・
うっかりそのまま買い物に出かけて レジのお姉さんと目が合った瞬間にそのことを思い出し 汗が背中を流れる体験を何度経験しただろう・・
汚さないないように細心の注意を払いながら なおかつ整理整頓をしながらモノを作る・・ということが出来ない体質。
たぶん「時間」とか「締め切り」が守れないのと関連があるのだろう・・と自己分析だけは出来るのだけれど(苦笑)

以前情報提供を呼びかけたスタンプホルダー。
で、コレにjジャラジャラスタンプを引っかけてみたい!というところで 計画はうやむやになってしまっていたのだが やっと実現^^
円柱状のいろいろなパーツをカッターで削り出し 合計5コの持ち手を製作。
その材料は麺棒に栓抜きの柄に スコップの柄・・・・といろいろ。
途中勢い余って 左手の平をカッターで「ブスリッ!」などという流血事件も起こしつつ
無事念願を叶えることができたのだった。

あ・・・アンティークの風合いを出すために オイルを染みこませた後ペイント その後再びヤスリでハゲハゲにしているのですよ^^
念のため。

関連記事(胡桃の椅子3月の日記より)
「what is this?」
「金曜日の続き」
[PR]
by 4seasons-kurumi | 2006-05-26 21:27 | 消しゴムはんこ& 蔵書票
胡桃の椅子的提案!
e0041500_063430.gif

先日のフリマでの戦利品。
こっくり深いチョコレート色の昔懐かしいがま口のハンドバック。
おそらく年代は昭和20,30年代・・・といったところでしょうか。
口がねの繊細な細工に一目惚れをしたのです。
なんと500円で購入。
昼間、やるべきこともそっちのけで 革用のクリームで磨き倒しました(笑)
どうです?
良いでしょう?

e0041500_064810.gif

アンティークつながりで もう一つ。
アンティークキーのスタンプを彫りました。
コレは台座に接着する前のゴム板。
6月の蔵書票展にて少しお分けする予定です^^
今日はテイストの違うキーを4本分彫りました。
いろいろなスタンプを組み合わせてオリジナルの蔵書票を作るのもひとつの案だと個人的に考えています
(邪道かしら?)。
[PR]
by 4seasons-kurumi | 2006-05-26 00:23 | 消しゴムはんこ& 蔵書票
あえてシンプル
e0041500_0474748.gif

多色刷りで仕上げようとパーツを彫ったものの 気に入らず・・・・・
やっぱりシンプルが一番でしょう!
上等の和紙に押すとなかなか雰囲気がいい^^
持ち手の彫り方も確率できたので またしてもスタンプに加工する予定^^
ふふふ・・・今回の材料はなんと100均の麺棒(笑)
コレをカッターのみででこぼこに削っていくのです。
手仕事は根性だっ!!
[PR]
by 4seasons-kurumi | 2006-05-25 00:52 | 消しゴムはんこ& 蔵書票
stamps stamps
な・・長らく放置していて ご・・・ごめんあそばせ・・(自己嫌悪の海の中からなので言葉がオカシイ・・・汗)
いやね・・別に体調不良とか鬱だったとかいうのではないんですよ。
ただのさぼりです。
今までで最長ですな。
「ちっ、まだ更新してないのかよっ」と、みなさんが打つ舌打ちの幻聴が・・・・。
もう子ヤギ(誰が?)のような小さ胸は「更新していないのにアクセス数が上がる」というプレッシャーに耐えきれず ビクビクしながら ここに登場!となったわけです。

毎度のことながら長い言い訳。
ご静聴ありがとうございました。

今までゴム板のみで押していたものを スタンプに加工しました
18ミリの厚さの板を各サイズに合わせてノコギリで切断。
(コレ・・結構ハードな作業で 死ぬかと思った)
台座にオイルステインを擦り込んでアンティーク調に仕上げました。
6月2日から始まる「日本と世界の蔵書票展」のデスプレイ用です。
↑については また近々詳しい案内を載せるつもりでいます。
e0041500_1530079.gif

[PR]
by 4seasons-kurumi | 2006-05-23 15:30 | 消しゴムはんこ& 蔵書票
アールヌーボーの時代
e0041500_22192285.gif

あ・・・これは豆本ではありませんよ・・・
北原白秋の童謡集「トンボの目玉」の復刻版です。
とは言っても昭和47年刊というのですから  この本なりの歴史も刻んでいるのです。
先日来 古書のオークションをウロウロしていて コレは!というものを数点発掘!
でも 古くて状態の良いものは それなりのお値段がするのですね・・・。
とても手がでません・・・汗
う~ん・・・潔く諦めよう・・(涙)
因みに↑コレは1500円で購入^^
トンボの絵にヤラレマシタ。
まさに 時はアールヌーボーの全盛期
大正ロマンにどっぷり浸れる逸品。


あと 昭和15年に発刊された島崎藤村著の「玉あられ」という童話集。
定価が壱圓八拾銭という時代
ちょうど母が産声をあげた年。

ロマンです!!
[PR]
by 4seasons-kurumi | 2006-05-19 22:39 | 古いもの 雑貨
豆図録
e0041500_1739233.gif

胡桃さん用の豆図録^^
実はこんなに小さいんです。(↑息子の指)
全16ページフルカラー印刷。
[PR]
by 4seasons-kurumi | 2006-05-18 17:41 | 消しゴムはんこ& 蔵書票