<   2007年 03月 ( 21 )   > この月の画像一覧
土曜サスペンス猫劇場



e0041500_21451669.jpg





*************************************************




e0041500_2145421.jpg


狙われているらしい・・・・滝汗




*************************************************

[PR]
by 4seasons-kurumi | 2007-03-31 21:46 | 猫劇場*人形
サクタロウ物語

e0041500_0542630.jpg


この世の中で垂れ目の子猫ほどカワイイものが存在するだろうか?
サクタロウ5歳
代々の青猫がそうであるように、彼の目は憂いを帯びた悲しい色をしている。
そして、代々の青猫がそうであるように、「憂鬱」と「一羽のピヨ」と「白くて小さい花」だけが 彼の友達であった。





*************************************************




e0041500_111634.jpg

ある日の朝小さい青猫は「ピヨ」といつもの散歩に出かけた。

毎朝7時
青猫は白い小さい花に飲ませる水を汲むため、ピヨは乾いた羽根をぬらすため
10分ほど歩いた先の小さな小川に出かける。

ピヨはひとりで歩けない。
蜜柑色のお散歩紐を引いてやるのは 青猫の大事な役目。
ごとん、ごとん、ごとん
ごとん、ごとん、ごとん

小川へと続く道は ここから上り坂になる。

青猫の小さな足できっかり174歩登ればそこからは下り。
あとちょっとの辛抱だ。

ごとん、ごとん、ごとん
ごとん、ごとん、ごとん

ごとん、ごとん、ごとん
ごとっ!!

あと33歩という時になって
急にピヨがもう歩けないと言い出した。


e0041500_112756.jpg


足が痛くてもう一歩だって歩けない・・と言う。
青猫も一緒に困って 泣きそうになる。
そして、二人でこのピンチをどう切り抜ければいいか一生懸命話し合った。
あまりに真剣に話し合った証拠には、もうお日様は真上に!

二人は顔を見合わせて言った。

「お昼ゴハンを食べに家に帰ろう!!!!」笑
e0041500_1139100.jpg

青猫はピヨを抱っこして141歩坂を下り、
我ながら良いアイデアだなぁ♪
と悦に入りながら家へ帰ってゴハンを食べた。

え?白い花の水はどうしたのかって?
もちろん
「ごめんね・・♪」って悲しい目を精一杯悲しく潤ませて謝ったんだそうな・・滝汗

なんて青猫らしい!!




*************************************************

[PR]
by 4seasons-kurumi | 2007-03-31 00:59 | 猫劇場*人形
28日の薔薇


e0041500_10103541.jpg


e0041500_10104617.jpg

平べったい紅茶の空き缶と28日の薔薇。
チョコの空き箱にぎゅぎゅっと詰めてアレンジしようと思ったのだけれど、ボリュームが足らず断念。
少しフリルの入った花びらがとても可愛らしい。
なんていう種類かしら・・・・

調べようと思ったが、ヤメタ(笑)
それこそ、何千種とある薔薇の中から探し出す根性もないし・・。

これでスプレー薔薇1本分。
298円なり♪(ダーリン君サンキュー!)

e0041500_10112590.jpg


正当派のアレンジメントとはまた違って、普段着で気軽に楽しむ花あしらい。
邪道かもしれないが、花が可愛ければ何でもいいではないか(笑)
面倒なルールは無視して あくまでも自己流~♪

浅い容器やお皿などにアレンジするときのチョットしたコツ・・・
[PR]
by 4seasons-kurumi | 2007-03-30 11:12 | 花/28日の薔薇
朔太郎の猫


e0041500_1591572.jpg






*************************************************




何かを検索していて ふと萩原朔太郎の猫町という作品に行き当たった。
高校生の頃に読みあさった自宅本棚の文学全集にも確かあったはずなのだが、どんな話だったかしらん?と記憶を辿ってみるも 収穫無し(笑)
おそらくは、小難しい活字群に欠伸をかみ殺しながら、タイトルと最初の数行だけの字面を追って 後は眠りの中へ・・・というパターンだったのだろう。
そう言えば、「青猫」さえも なんか陰鬱な詩だったような・・くらいにしか憶えていない(情~)

早速インターネット文庫なるサイトで朔太郎を検索する。
あるある。
紙をめくる愉しみこそないが、コウシテ気になったその時に作品をチェックできるというのは やはり嬉しい。
猫の出てくる作品が多いので、彼も猫好きだったのだろう・・と思っていたが、どうもそうでもないらしい。
どちらかと言えば、孤独の象徴、陰鬱なネガティブなモチーフとして 猫を位置づけているようだ。


ブログをサボっているこの3日ほど、なにか無性に作りたい病が頭をもたげ、ビロウドで小さな猫を作った。
深い藍色の体に金色の睫毛
どこか寂しげな表情の青い猫。
狙って作ったわけではないが、「朔太郎」と名付ける。

そのうち、あのオチャラケコンビが・・・(滝汗) 
放っておかないだろうな・・・(笑)


e0041500_1593069.jpg





*************************************************

[PR]
by 4seasons-kurumi | 2007-03-29 02:00 | 猫劇場*人形
謝謝


e0041500_20503715.jpg


皆様には ご心配をおかけしておりましたが、やっと息子の熱も下がりました。
すっかり眠り込んでしまった私を揺り起こしたのは
「母さん、今日のゴハン何?」という息子の言葉(笑)
何か食べたい・・と思いはじめたことこそが回復の兆し。

良かった・・本当に・・・よかった。

励ましやらお見舞いやら、本当にありがとうございました。
この記事を読んで下さった皆様に心から感謝申し上げます。

謝謝!


コメントへのお返事はまたゆっくりさせて下さいね^^
[PR]
by 4seasons-kurumi | 2007-03-25 21:06 | 家族
ダブル
e0041500_1011150.jpg


ご~ん・・・・・。
息子が溶連菌感染症とB型インフルエンザ・・ダブルで発症。
10日ほど前から体調不良でぐずぐずしていたのですが、部活の試合もあったり、学校も最後だというので 先週少し無理をさせたのがイケナカッタ・・と反省。

運悪く、検査結果が出た昨日の時点で、タミフルが使用禁止になっていたので もう自力で治すしかないようです。


ケシテ病弱というわけではないのだけど、重症に陥りやすい彼の体質。
安易に熱を下げて、恐い思いを何度も経験しているので 今回は解熱剤も使わず。
ひたすら氷枕と冷水を浸したおしぼりで頭を冷やし 水分補給をして対応しています。

More
[PR]
by 4seasons-kurumi | 2007-03-23 11:31 | 家族
花の名前2
e0041500_0192470.jpg

どんどん埋まっていくスケジュール帳の余白に軽い目眩を覚えつつ・・・
お久しぶりです♪

今日はお彼岸ということで ダーリンの実家へ。
道すがらに目に付くのは 早、満開を迎えた白木蓮の愛らしい花。
例年なら同時期にほころび始める桜ですが 今年はまだその蕾を固く閉じたまま。
2月初旬の春の陽気に お花見のスケジュールを1週間ほど早く計画していたけれど
ま、例年並み・・ということで落ち着きそうです(笑)

精米のお遣いを頼まれて訪れたのは近所の農協の駐車場。
つき上がるまでのしばしの時間、ふとみると その道路脇に満開の白い花を発見
白木蓮か・・?と近づいてみたが、どうも花びらの形状が違う。
コブシかも・・と見当をつけてみるも、なんだか自信がない。
だって、明らかに花びらの数が多すぎる。
しかし、その可憐なことと言ったら・・・・

帰ってからコブシで検索にかけてみる。
あれ?違う・・・・。
コブシでヒットする写真を十数枚みたが、この花とはやや・・違う。
もしかして コブシには一重と八重があるのかも・・と
「コブシ 八重」で検索
が、なかなかヒットせず。

意地になってシツコク閲覧していたあるブログのコメント欄にて やっとこの花の名が「シデコブシ」であるということが判明♪

More
[PR]
by 4seasons-kurumi | 2007-03-22 01:46 | 季節の話
blue gray





e0041500_18304549.jpg


ちょ・・ちょっと待ってくださいね・・。
いろいろ忙しくしております。
年度末というのは、忙しいですね~~~~滝汗
[PR]
by 4seasons-kurumi | 2007-03-18 18:39 | 季節の話
ウシシ♪



e0041500_15254765.jpg

息子関連でちょっと要りようがあったので 缶バッジメーカーなるものを購入
夕べから、息子とハマっている(笑)

チープな仕上がりが なかなか愛らしい♪
こんな、どんどん作ってどうすんねん!と自分で突っ込みつつ、
楽しくて、止められんのよね~。

More
[PR]
by 4seasons-kurumi | 2007-03-16 15:44 | hand made
二択



e0041500_14395452.jpg

「その手に乗るかっ・・ちゅうのよ・・・」
ブツブツ文句をタレながらも はや箱の半分は空っぽ。
アングルを考えながら、もう一粒

仕方がない・・・。
不本意ではあるが、まんまとその手に乗ってやることにしよう。

More
[PR]
by 4seasons-kurumi | 2007-03-15 15:37 | 家族