「ほっ」と。キャンペーン
<   2007年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧
ふゆねこ(消しゴムはんこ)




e0041500_20531240.gif


「ふゆねこ」というネーミング、
う~ん、なかなかカワイイ響きではないか!と悦に入っていた親方なのだが
ちょっくらググッてみたところ、「ふゆねこさん」という絵本が出版されていることが判明。
ちょっと、落ち込む(笑)
「冬猫」と漢字表記に変えようかとも思ったが、やっぱり平仮名で「ふゆねこ」のほうが、彼女たちにはしっくりくる気がする・・などと、他人からみたらどうでも良いような「こだわり」から 何時までも抜け出せない親方であった。

消しゴムはんこの原版
[PR]
by 4seasons-kurumi | 2007-10-31 21:29 | 消しゴムはんこ& 蔵書票 | Comments(14)
28日の薔薇


e0041500_16342758.jpg

久々アップの28日の薔薇
8月9月も変わらず花を持ち帰ったオッサンだが
なんやかんや忙しくて、写真の撮り頃を連続で逃す親方に
「あ・・あの・・・、アレって最近アップせんの?」と声を震わせながら(怯えながら?)ポツリ。

「あ~、ハイハイ!ソノウチねっ」
と答えたものの、ちょいとオッサンに悪い気もする(あくまで気がする・・・レベル)

たとえそれが198円の処分品だったとしても!!
そして、それが「いい旦那さんですね~」的なブログコメントを期待した自己アピールの変形だったとしても
「ありがとう」の気持ちを忘れてはならない。

ということで、今月も「アリガトウ!」

More
[PR]
by 4seasons-kurumi | 2007-10-30 17:12 | 花/28日の薔薇 | Comments(8)
ふゆねこ



e0041500_1344559.gif



ふゆねこシリーズを彫っています。

*消しゴムはんこ(実物大)


いつもありがとうございます。
下の記事のお返事など、しばらくお待ち下さいね^^
[PR]
by 4seasons-kurumi | 2007-10-29 01:38 | Comments(11)
豆金魚


e0041500_1730756.jpg

親方、初の陶芸作品。
8枚の豆皿からなる、その名も「豆金魚」
あうっ・・無理矢理名前を絞り出したのがバレバレだろうか?


土は、実家の父母が町内の公民館で習っている陶芸教室の余り物をめぐんでもらったもの。
陶芸教室に通いたい・・というのが長年の夢ではあるけれど、「いや・・これ以上新しい事に手を染めて、真っ当な主婦が務まるのか??」という理性もまだ多少残っていたりする(笑)
一度は教室の見学にも行ってみたが、いかにも「奥様の集い」みたいなところで、オッサン的思考の親方には到底我慢できるはずがない・・と尻尾を巻いて帰ってきてしまった。


自宅で、適当にこねて適当に成形、絵付けをしたもので、出来上がりも「ま・・適当」(笑)

あと、余った粘土で来年の干支の「ねずみ」もこしらえたが、それは町内の文化祭に母の名前で出展予定とのことで、今回我が手元には帰ってこなかった(笑)

More
[PR]
by 4seasons-kurumi | 2007-10-25 18:10 | hand made | Comments(35)
しあわせのKABU



e0041500_15252261.jpg


庭の金木犀が強い薫りを放っている。
一度弱々しく咲いた後、薫りを楽しむ暇もなく足早に散ってしまったのだと思いこんでいたが、
ここ2,3日、町のそこここでふと匂い立つ「あの薫り。」
おや・・アレは10日も前に散ってしまったはずなのだが・・と首を傾げる。
散り残った花が放っているにしては自己主張の強い薫りに 不審がりながら目を細める親方。
ピントが合った瞬間、あ・・と声が出る。

枝ビッシリ咲く鈴なりの金の花!!
チラホラ・・なんて可愛いものではなく、もうガッツリ、ウソみたいに(笑)

2度咲きするんや~!!
(調べたら、そう珍しいことでもないらしいです)



さて、本題は ここから。
「幸せの蕪」の話^^
いや、何も・・この蕪が「金の蕪」だとか、「食べたら病気が治る・・」とかいう怪しい話ではない(笑)

More
[PR]
by 4seasons-kurumi | 2007-10-23 16:52 | 美味しい! | Comments(12)
到達2・5秒前
e0041500_0545230.jpg

鼻水が止まらない。
10秒に1回の割合で垂れてくる液体を思いっきり吸い込んでみるのだが、
5秒後にはこらえきれずに鼻先に垂れてくる。

3秒はそのまま我慢してみる。

ニュートンの法則から言えば、当然 液体はその引力に従ってそのまま下降を続け、
きっかり2.5秒後には口に到達する計算になる・・
ということは、後の2秒でティッシュに手を伸ばすか否かを決断せねばならぬ。

・・・苦悩する親方・・・

そして葛藤に苦しんだあげく、振り出しに戻る。
(世間では学習能力に問題アリ・・とも言う)



町内会関連のドタバタ茶番劇もとりあえず一時休止。
大きな行事がてんこ盛りだった10月前半、一時はどうなることかと思ったが、なんとか終わった。
終わったぞ~~~~~~っ!!!
(親方、魂の叫び)


画像は蔵書票のためのラフ画。
最初はこんな落書きから始まる。
なんか王子の服装がTAKEちゃんマンに似ている気もするが(お若い方は知らないでしょう・・)
まぁ、それはそれでアリかも・・と(笑)

More
[PR]
by 4seasons-kurumi | 2007-10-20 01:58 | Comments(4)
おしゃれでかわいい 消しゴムはんこで作る年賀状



e0041500_22155466.jpg

10月下旬にMYCOM BOOKSから発売される「おしゃれでかわいい 消しゴムはんこで作る年賀状
数枚ですが、胡桃の椅子のハンコ作品も掲載していただいております。
製作期間が真夏だったので、いまいち感がつかめず、かなり苦戦いたしました。(苦笑)

ともあれ、各書店で見かけられましたら、お手にとっていただけると 親方、感激ッ!!でアリマス。
[PR]
by 4seasons-kurumi | 2007-10-11 22:29 | Comments(14)
金木犀のある庭で


e0041500_16122154.jpg

何時の間に咲いたのだろうか?
ベランダ越しに、薄ぼんやりとみえるオレンジ色の花らしきもの。
目を凝らして「まだ蕾かしらん?」と観察してみるも、僅か2メートル先の輪郭がはっきりしない。
極度の近視のくせに裸眼族・・・、眼鏡は専ら捜し物の時と車の運転時のみ・・という親方の目には、オレンジ色の塊が濃い緑の葉陰にぼんやりと見えるだけ(苦笑)


干しかけの洗濯物を放置して、庭に出る。
まだかすかにしか感じないその薫りから推測すると3分咲きくらいかしら?

のぞき込んで愕然とする・・・

ま・・・満開やん・・・・(絶句)


毎年、あの郷愁をそそる甘美な薫りを誰よりも早くキャッチできた自慢の鼻のはずなのだが
今年は、その気配すら感じ取ることができなかったというのは、親方的には一大事。

原因は分かっている。

ずばり、心の余裕がないということ
[PR]
by 4seasons-kurumi | 2007-10-08 17:53 | 季節の話 | Comments(22)
読書の時間


e0041500_22291534.jpg

しばらくぶりです♪
随分涼しくなりましたね~。
すっかり秋です。

さて、明日から青森の空間舎さんで開催される「本と蔵書票の楽しみ」展 。
毎度おさわがせのキリギリスな親方も、なんとか無事搬入を終え、いまホッと一息つているところです。
とにもかくにも、スリル満点の数日間でした(笑)

青森入りするHANYAN嬢に暖かい服を。
せめてもの親心というのでしょうか、いや、これが意外と難題で、作業がいつまでも進まずに焦りました。。
今回の展示は彼女を中心にイメージを膨らませていこう・と考えていたため、これが決まらないことにはお話になりません。
どうかしら?似合ってるかしら?
実は親方の肉襦袢隠しのカーディガンを犠牲にしたんですけれど・・・(笑)

e0041500_22293910.jpg

↑こちらは土物の豆本のオブジェ。
陶芸用の土を使用して素焼きの行程までクリアしましたが、本焼きは物が小さすぎて窯入れできませんでした。
なんでも、薄かったり小さかったりするものは、窯の高温に耐えきれず、割れたり、他の作品に飛び散って破損させたりする可能性があるとのこと。搬入日の期日も迫っていたので、素焼きの状態でペイント。小さいものには通し穴をあけて本型のチャームに・・と考えていたのですが・・・これも無理でした。(シメシメ・・ゴッツナイスアイデア!とほくそ笑んでいたのに・・・)

More
[PR]
by 4seasons-kurumi | 2007-10-01 22:56 | 豆本 | Comments(12)