<   2013年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧
◆ワスレラレタ タクラミ◆巾着部発表会エントリー作品番外
e0041500_23354355.jpg

本日から◆”kinchakuな人々”巾着部発表会2013◆始まりました。

初日、たくさんの方々に足をお運びいただいたとのこと。
ありがとうございました。
参加部員さんの作品、どれも力作ぞろいで見ごたえのある展示となっております。
すでに嫁入りしてしまった作品もちらほら。
あの作家さんのあの作品が見たい!ということでしたら、お早めにご計画くださったほうがよいかもしれません。
WEB掲載されてない作品もたくさんありますよー。

明日はコラージュ巾着のワークショップもありますので、ご興味のある方はこの機会にぜひご参加くださいね

e0041500_23361550.jpg


さて写真の巾着
実は出品するのを忘れました・笑

巾着部に入部してすぐの作品でしたので、汚れがつかないように箱にしまっておいたんですね。
ご存知の方もいらっしゃると思いますが、我が家には魔窟というものが存在しまて
そこには親方の喜びや悲しみ、大量の資材、過去の作品、目的さえも忘れた何か等などが無秩序に押し込められており、そこに紛れ込んだものは親方が強い意志をもって発掘しないかぎりこ日の目を見ることもできない・・という世にも恐ろしい空間(←クローゼットと読んでね!)

この巾着も例外なく・・・

忘れる。

制作した当初は、白い綿ローンの儚さを生かして、「透ける演出」というのを企んでおったのです。
ほら、陽にかざすと鋏がうっすら透けて見えるでしょう?

e0041500_23363010.jpg


光を通さないとこんな感じ。

偶然の産物。
無数の玉留めが光に透けて、ちょうどタンポポの種の部分に見えないこともない・・・てな具合で
結構自分の中ではお気に入りの作品だったのに

忘れる。

e0041500_23364679.jpg


はて 、これは誰でしょう?

e0041500_2337944.jpg


うさぎ氏でした。





[PR]
by 4seasons-kurumi | 2013-09-28 00:09 | 巾着部
布で遊ぶ◆”巾着部発表会”エントリー作品2
巾着部活発表会2013
「kinchakuな人々」


2013年9月27日(金)~10月2日(水)
12:30~19:30(最終日は17:30まで)
心斎橋タピエスタイル ギャラリー 

焼き菓子のプチ・マルシェ(全日)、
28日(土)のワークショップは「コラージュ巾着」
お申し込みはお早めに!

e0041500_1521314.jpg

前略。親方の道具箱より

親方所有の道具箱の隅にある、半ば使い道を忘れられたようなガラクタの数々
錆びたペン先、ビーズ細工の金具、羽織の紐の片割れ
1個だけのボタン、片方だけのピアスetc.

まっさらなものが苦手
手の中にすっぽりと隠れてやがて朽ちてしまうような、どこか不完全なものが好き

e0041500_15213617.jpg

snap snap snap!!!

黒いフェルトにびっしりとスナップボタンを配置
少々ハードな見た目だがふんわりと添えられた絹のフリンジでやさしい表情に。
今回出品中の巾着のほとんどに、色違いのフリンジがついているので是非会場でチェックしてくれたまえ!

同シリーズに「イトトオシノウタ」という作品もある。

e0041500_15223554.jpg

a bird in a cage◆amethyst

ただ小鳥が作りたかっただけとも言う。
フリーハンドでこんな感じ・・・と直接布に鳥の展開図を何度も描いて縫製
何度か繰り返して理想的なシルエットに近づけていく。


e0041500_1524997.jpg

a bird in a cage◆青い鳥

鳥ができたら籠でしょう!
てな具合にどんどん脱線。
鳥かごのカタチを保ちながら巾着はできぬものか・・・と試行錯誤
全容は会場でチェックしていただくこととして(笑・いや、マジで!)
青い鳥のポートレイトのみ貼っておく。


e0041500_15242236.jpg

a bird in a cage◆あなた色に染めて

同じく白い小鳥
サブタイトルが大人いやらしい感も否めないが、この子の鳥かごは銀色で。
小鳥たちのくちばしは8ミリのウッドビーズをカッターで削って糸で縫いつけている

鳥かごシリーズは以上3点


e0041500_15243279.jpg

「道化師の蝶」のオマージュ

題名は後付け
円城塔氏の小説は難解すぎて親方にはこの作品しか完読できなんだ・・・
響きがきれいだったのでちょいと拝借

白い麻の織り糸を一本ずつカットしてかがっていくナンチャラ刺繍
一度やってみたかったのだが、うーむ、なんちゃってな出来だが遠目でみたら何とか。
別付けの白い蝶を数箇所に飛ばし、季節感無視のパリコレ的発表になってしまった。

フリンジも淡い黄色で。

e0041500_15244392.jpg

「グッド・バイ」太宰治に寄す

これは「グッド・バイ」の文庫本をばらしてパーツを作ってある
丸い厚紙を布や紙で包み、それを糸でつないでいるのだが、がんばった割りに報われないことって世の中にはたくさんあるよね?的な仕上がり。

2メートル以上離れて見るか、接写に近い距離でズームにして見るか、どちらかにしていただくと作者はとても助かると思う。




本日は部活発表会の搬入日
現在、部長akebonさんら大阪チームのみなさんがセッティングに奔走してくださっているところ。

毎度まる投げ参加の親方も宣伝部を勝手に名乗り、告知目的でブログ記事などをアップしているのだが、放置プレーも甚だしい過疎ブログで如何ほどの効果があるのか・・・という不安もないわけではないが、せめてもの気休め
拙作品の紹介などさせていただくことにする。







[PR]
by 4seasons-kurumi | 2013-09-26 17:58 | 巾着部
◆紙を仕立てる◆”巾着部発表会”エントリー作品1
e0041500_19555113.jpg

kodomonokoro

親方の古いアルバムより
右端が4歳の親方
従兄妹同士で近所の裏山に登ったときのもの。
中央右に写っている男前のヒロシくんは残念ながら数年前に他界してしまったのだが
他6名は例外なくエエおっちゃんおばちゃんになってたくましく現代を生きている。

この作品はペーパーラミねーるという紙をコーティングするシートを使用。
同じシリーズで他2点出品予定

e0041500_195816.jpg

帽子からウサギを出す紳士

これは英字新聞のみで作ったヒトガタ
ワイヤーが仕込んであるのでポージングもOK
燕尾服も型紙を起こして仕立ててある。
アップにすると多少ボンドのカピカピが残っているが、ご心配には及ばない。
このヒトガタをグラシン紙の巾着に入れてシルエットだけを楽しむ仕掛けである。

e0041500_1959068.jpg

玉乗りをする道化師

こちらもグラシン紙シリーズ
他2点出品


e0041500_19595448.jpg

紙を折って作る巾着の可能性

なんと頭でっかちなネーミング!
写真では判りにくいのだが、英字新聞とグラシン紙の2枚仕立て
大きな一枚の円に折り目をつけて、ちょうど焼き菓子のカップみたいな形をイメージ
e0041500_2133115.jpg

わかるかなー
ひそかにモールサンタのおっさんがこちらをのぞいている。
ひっさびさの消しゴムはんこ作品とあいなった。

e0041500_20365869.jpg

advent kinchaku tree

クリスマスのアドベントカレンダー風に小さな巾着をつるしたツリー

e0041500_203026.jpg

過去の蔵書票作品の中から小さいサイズのものをピックアップして
ペーパーラミねーるでコーティング
3×2センチほどの豆巾着の中には金平糖やキャンディーを忍ばせた

e0041500_2035249.jpg

こちらには銀の鈴を。
同じくツリーに飾って楽しむもよし、ばらして人形の小道具にするもよし(笑)

せめて発表会会場のにぎわしになってくれることを祈る。


明日は”布で遊ぶ”をアップするにょ


巾着部活発表会2013
「kinchakuな人々


2013年9月27日(金)~10月2日(水)
12:30~19:30(最終日は17:30まで)
心斎橋タピエスタイル ギャラリー 

焼き菓子のプチ・マルシェ(全日)、
28日(土)にはワークショップもあります。


↑      ↑      ↑
詳しくは上記リンクをクリック!






[PR]
by 4seasons-kurumi | 2013-09-25 21:31 | 巾着部
巾着部活発表会2013

e0041500_14414848.jpg


巾着部活発表会2013
kinchakuな人々


2013年9月27日(金)~10月2日(水)
12:30~19:30(最終日は17:30まで)
心斎橋タピエスタイル ギャラリー 

焼き菓子のプチ・マルシェ(全日)、
28日(土)にはワークショップもあります。


↑      ↑      ↑
詳しくは上記リンクをクリック!

 


親方の作紹介記事は夜にでもアップします。





[PR]
by 4seasons-kurumi | 2013-09-25 14:46 | 巾着部
蔵書票のワックス処理
e0041500_16133139.jpg

いやはや、こちらでは随分と久しぶり。

春も夏もすっかりすっ飛ばしての親方の帰還。
前回のブログ更新はなんと猫の日!っちゅうのだから心臓である。


この間、親方は子宮筋腫の手術などでちらっと入院したりもしたが、大方は鼻くそほじったり
ゴム版彫ったり、巾着を縫ったりして過ごしていた。

e0041500_16141693.jpg

最近ではめっきりお手元の方が怪しくなり、夜の細かい作業が苦しくなってしまった。
うーむ、これは結構がんばったのだが、トンボの羽の模様を随分と彫りとばしてしまっている。

白い和紙に白インク
それだけではほとんど紙に同化して見えないのだが、これをワックス処理するとあら不思議!
レース様に浮かび上がる細かな陰影
ちなみにワックスとは蝋のこと。
仏壇から失敬した蝋燭でもこの仕上がり。



e0041500_16143390.jpg

数年前に彫った黒猫と少女のゴム版でも。

e0041500_16145011.jpg

ワックス処理を施すと気持ちぱりっとした質感になるのでこんな病的な細工もできちゃうのだ。


e0041500_1615563.jpg


大きさの比較として。
ありゃりゃ!デザインカッターの刃がちびている!


さて、ここでちらりと告知をば。

巾着部というweb部活に現在所属中の親方。
この週末9月27日から10月2日までの1週間
大阪南船場にあるタピエスタイルにてリアル部活発表会なるものに参加する。
詳しくは明日にでも告知記事を掲載予定!!


みてにょ♪







[PR]
by 4seasons-kurumi | 2013-09-24 17:12 | 消しゴムはんこ& 蔵書票