蛸物語
e0041500_2147228.jpg
本日は昨年作ったいろいろな蛸の話。

昨年の今ごろは受験まっただ中だった息子。
田舎に住んでいるもので各志望校の受験地まで独り泊まりで赴くことも増え、親にはなんも出来ることはないので、気休めの蛸頼みで製作したもの。
革製。
「Octpus→置くとパス」
ほら、初めてのおつかい的な。

e0041500_21473179.jpg

るんるんの春にはネイビーな蛸。
リュックに付けていたところ、満員電車で盗まれたそうな。
新生活そうそう都会の洗礼を受け、気を引き締めなおす重要な役目だったのかもとポジティブシンキングを装いつつ、
盗んだやつ、呪われろ!(怒)

e0041500_21474743.jpg

こちらはオーダーいただいた蛸女子。
睫毛がポイント。

e0041500_22411930.jpg



プラバンで蛸

e0041500_21484343.jpg

吸盤に苦労した。
時々無性に細かいことがしたくなる病を患っており、発作の副産物として蛸。


e0041500_21491100.jpg

大きさはこんくらい。

e0041500_21492582.jpg

スポーツバッグのブランドロゴが恥ずかしいのでなんとかアレンジをと言うので革のアップリケで蛸。

ダジャレ的なマジナイで作り始めた蛸シリーズ。
また発作が起きた暁に新しい蛸が生まれるかもしれない。






[PR]
# by 4seasons-kurumi | 2016-01-14 22:31 | hand made
蛸シャツで手仕事はじめ
e0041500_20471194.jpg

えー、2016年の手仕事はじめは息子リクエストのシャツであった。
「襟ぐりはゆったり目、身頃はジャストサイズ、袖長め、袖あたりに刺繍」という非常にはっきりしたビジョンを持っており、帰省のたびに個性的なファッションで目の前に現れる19歳。
少々迷走気味。
ばあちゃんには不評(笑)
いや、そう育てたのは私なんだが、この先どんなふうにセンスが成長していくのか楽しみでもある。

e0041500_20472244.jpg

左袖にでかでかと蛸の刺繍
目玉も忘れずに!

e0041500_20473880.jpg

とにかくヒトと同じなんてまっぴらごめん!という気質は見事に遺伝しているようで、マフラー欲しいがいいデザインのがない!と帰省時にぼやいていたので、おかあちゃんの呪いの手編みマフラーも追加しておいた(笑)






[PR]
# by 4seasons-kurumi | 2016-01-13 21:24 | hand made
今頃、あけましておめでとう。

e0041500_20344880.jpg

おそまきながら、新年あけましておめでとうございます。
このあたりで毎年力尽きて1年放置ということになってしまうので、今年こそは!と自分を律しているところ。
まぁぼちぼちと、細々と、だんだん雲行きが怪しくなりつつも記念に撮っておいた正月飾りなどを載せておきます。

e0041500_20403815.jpg


干支の申はLOFTで買いました。
1500万円なり。

e0041500_20421770.jpg

鉄瓶とシンビジウム


お節は今年もまじめに作ったんだけども、写真撮る前に家族の腹の中に。
ありがたいことに完売でした。





[PR]
# by 4seasons-kurumi | 2016-01-13 20:45 | 花/28日の薔薇
プラバンカメオ「ワタシの黒猫」

e0041500_23481336.jpg

プラバンカメオ
ワタシの黒猫/feb.2015

プラバンの地の色は白ではあるが、黒猫をイメージして図案を描いた作品


e0041500_23483116.jpg

年末の28日ともなると、のんびり屋の親方でもさすがに忙しい。
南天が我が家に来て以来2階の息子の部屋を保護部屋にしていたのだが、こう忙しいとあまりかまってもやれず寂しかろうとリビングにケージを引っ越してみた。
この1週間ほぼ無音の静かな部屋に隔離していたためか、生活音あふれるリビング生活はまだ無理だったよう。
そのうち慣れるだろうと半日様子をみていたが、抱いていなければ声がかれるまで鳴きどおすという根性あふれる主張でこちらがギブアップ。
もとの保護部屋生活とあいなった。
e0041500_23485112.jpg

鳴きどおしの南天をジト目で見つめる胡桃嬢(笑)
平和な合流はまだ遠い。

e0041500_2349205.jpg






[PR]
# by 4seasons-kurumi | 2015-12-29 00:07 | hand made
黒猫祭り
e0041500_2029073.jpg

過去作品より、勝手に黒猫祭り

e0041500_210693.jpg

e0041500_20302347.jpg

e0041500_2044326.jpg

e0041500_20574514.jpg

e0041500_2059277.jpg


本日は我が家の餅つきであった。
大掃除の大物もあらかた終えてホッとしている親方であるが、年賀状手つかず。
そして、先日ショップに出した正月飾りに付けた金柑が、この数日間で急激にしぼんでしまっているのを発見。
急きょ各購入者様にお詫びと、お送りする代替品のことについてのメールを打ち終わったところ。
いやはや、あないに縮むとは予想もしておらなんだ。








[PR]
# by 4seasons-kurumi | 2015-12-26 21:01 | hand made
クリスマスイブの夜
e0041500_20273691.jpg


クリスマスイヴらしい。
息子が今年の春に巣立ったもので、熟年2名、後期高齢者1名の我が家ではシャンパンもケーキもない。
恒例の姉宅でのクリスマスパーティーは昨日に終わってしまったし、趣向を凝らして喜ぶ子供もいないので、本日の夕飯は回鍋肉と煮魚であった。

姪っ子の塾の送りを頼まれた帰り道、信号待ちでふと目に入ったコンビニの店内。
「チキンの予約承ります」と手書きのポスターが貼られた窓越しに、トナカイのカチューシャをして客の応対をする初老のおっさん。
時々利用するコンビニであるからそれが店長さんであることを知っている。

がんばってんなぁ・・・
マニュアルで付けることに決まっちゃったんやろうなぁ・・・
ノルマきついんやろうなぁ・・・
家族には絶対見られたないやろなぁ・・・・

あまたの哀愁をまとわせて、窓の向こうでにぴょこぴょこ動くトナカイの角
信号が青にかわるまでの数秒間、ひそかにエールをを送る親方なのだった。

e0041500_2059456.jpg


どやどやと乱入の銀杏嬢

e0041500_2135416.jpg

南天が気になって仕方がなく、しかし動くとコワイの繰り返し
高速猫パンチを繰り出すも、南天のほうが一枚上手(笑)




[PR]
# by 4seasons-kurumi | 2015-12-24 21:06 | 季節の話
南天物語
e0041500_0415269.jpg

6月に「My little cat 」という題名で撮影したポーズスケルトンの物語
「うちの子になる?」というキャプションが付けてある。
ちょうどこのころ南天は生まれたんだなぁ。
偶然だけど運命を感じる。
e0041500_0421425.jpg

e0041500_0422717.jpg

e0041500_0482138.jpg

e0041500_0431434.jpg

e0041500_0433998.jpg

e0041500_0435125.jpg



e0041500_048536.jpg

虫下しの薬を処方された南天だが、飲ませるのに2度失敗。
泡を吹いてものすごく嫌がるので、調べたら失敗率も高くかなーり苦い薬のようだ。
それならそうと一言ってくれれば嫌な思いをさせずに済んだものを。
いろんな体験談をみると、オブラート作戦がよさそうだ。
しかし、この薬、小さい体の動物に飲ませるのだから、直径1センチの錠剤てどういうことよっ。
明日の朝、ささみのおやつにくっつけて再挑戦してみるつもり。

苦い薬でご機嫌斜めの南天さん
愛称は「てんちゃん」ということで落ち着きそうだ。




[PR]
# by 4seasons-kurumi | 2015-12-23 00:57 | わんこ にゃんこ
保護ネコ、健康診断を受ける

e0041500_20594574.jpg

さて、事態は急激に進展して、保護ネコ、ほぼ陥落。
ほぼというのは、保護部屋に入室する度ごとにリセットされているからで
抱き上げて猫なで声でムツゴロウ的接触をすればたちまちスリゴロあまあまになる。
それどころか、親方のひざがお気に召したようで、のどを低く鳴らしながら腹を見せて寝転がり、親方の腕を踏み踏みしながら甘えるという、ほんまに1か月半保護に手こずった猫なのか?と疑いたくなるような変身ぶり。

というので早速健康診断に行ってきた。

e0041500_210048.jpg

まず驚いたのは、4,5か月か?と見込んでいた月例だが、永久歯が完全に生え変わっているので、6か月はすぎていると先生。
まぁちょっと小ぶりだけれども、いたって健康
シラミもおらず皮膚状態も良好。
ただ、やっぱり回虫は持っていた。
そして、猫には珍しいという鉤虫もいるとのことで虫下しのお薬を処方された。




で、重要なのがエイズと白血病のウイルス検査だが
おかげさまで両方とも陰性!!

はい、我が家の家族入り決定!!

e0041500_2101659.jpg


南天と命名

にゃー!と鳴いたときに見える赤くてかわいい舌。
黒猫だからか、そのコントラストがなんともかわいいんである。
以後お見知りおきを!!


e0041500_2102865.jpg






[PR]
# by 4seasons-kurumi | 2015-12-21 21:23 | わんこ にゃんこ
保護ネコ騒動

e0041500_21131583.jpg

蜜柑山の猫捕獲。
長かった・・・。

夏生まれの兄弟たちがいたはずだが、育たなかったのか、それともイタチやカラスにやられたのか、蜜柑山に親子で姿を現すようになったときはすでに1匹だった。
やがて母ネコと思われる茶トラとも行動が別になり、蜜柑の収穫準備のために頻繁に足を運ぶ私の母が餌付けをするようになった。
まだ子猫だった。

餌をやるからには保護が前提。

愛猫桃太郎の命日であり、銀杏が我が家に迷い込んで保護をした12月10日を保護目標日と設定し、あの手この手で捕獲を試みるが、ことごとく失敗。
というのも行動するのは手なずけている75歳の母であり、75歳の瞬発力と子猫と言えど野生を生き延びてきた猫の反射とでは結果は火をみるよりも明らである(笑)
もう手を伸ばせば抱き上げられそうな距離でご飯を食べるのに、常に警戒を解かず、動く気配をすばやく察知して飛びのくの繰り返し。

業を煮やして、保護団体に捕獲機のレンタルをお願いし、それでも1週間かかったが
本日無事、保護成功とあいなった。

蜜柑山は南斜面で暖かく、やわらかい草の生える、また身を隠すには調度いい柑橘の低木が連なる猫にとってはこの上なく居心地のよい場所に見える。
夜はどこかに寝床を持っていたようで、親猫とぬくぬく猫団子で寝ていたのかもしれない。
鳥を追い、空を眺め、日向ぼっこをしてのびのび過ごしていた子猫を、親猫と引き裂くように連れてきてしまった罪悪感。
しかし、私たちは知っている。
本格的な冬にボロボロになって命を終える小さな動物がいることを。
今までさんざん後悔してきた。
なかなか勇気がでなかった。

よいか悪いかは答えが出ない。
病院でウイルスキャリアだと宣告される可能性もかなり高いし、そうなるとノンキャリアの先住が2匹いる我が家で飼うことは無理だと思う。
里親探しだって困難なことはわかりすぎるくらいわかっている。

さあ、でもこれからである。

さっき覗いたらウエットフードを完食していた。
少し撫でさせてもくれた。

抱くこともできないと覚悟していたが、案外陥落は近いかもしれない。













[PR]
# by 4seasons-kurumi | 2015-12-20 21:50 | わんこ にゃんこ
シメカザリズ
e0041500_2134432.jpg

わー、ごめっ
ここでの告知が一番遅くて。
注連飾り5点をショップに追加したので覗いてみてくだされ。
小さいのんは売れてしまったけども。
http://kuruminoisu.thebase.in/
e0041500_2141014.jpg

こちらは藁を継ぎ足し継ぎ足し長くなった縄を、超自己流でぐるぐるっとしてギュッと結んだもの。
みよ!この偶然の造形の美しさ。
同じのを作ってくれといわれても二度と作れないレアものということで。
お買い上げいただいた方!!ありがとございます。


e0041500_214204.jpg

紅白、金の水引で金柑を縛ること18個
はー、すっかり縛り上手になってしもたではないか!!


昨日コケたときに左手首をちと傷めたらしい。
普通に生活するには支障はないが、コタツからよっこらせ・・と手をついて立ち上がるときに力が入らん。
右手でよっこらせ・・と立つことにしよう。




[PR]
# by 4seasons-kurumi | 2015-12-19 21:18 | リース