「ほっ」と。キャンペーン
羊雲
e0041500_23183535.gif




夕方買い物に行く途中に
空を見上げたら
西の空一面に羊雲が出ていました。
あ・・・羊雲・・・。秋ねぇ・・・・・。

毎回、羊雲を見るたび 条件反射的に思い出すのは 高校2年の夏休みのある出来事
その当時も 毎度のことながら ギリギリになってやり残した宿題に負われる日々でした。
一番やっかいなのが読書感想文で その年の課題図書というのが
遠藤周作の「海と毒薬」。
ズシーン・・・と重苦しいテーマの小説をやっとの想いで読み上げ  勢いで書き上げた感想文。
夏の終を告げるツクツクボウシの声と西日の当たる原稿用紙のワンシーン
今でも深く私の心に残っていて それはきまって羊雲を見た瞬間によみがえってくる。
なぜ羊雲なのか・・・・・
この小説の主人公がつぶやく詩の一節にそれは出てきます。
その使い方が実に効果的で 私は文の書き出しにこの詩を引用したのでした。


羊の雲の過ぎるとき
蒸気の雲が飛ぶ毎に
空よ おまへの散らすのは
白いしイろい絮(わた)の列


どこをどう間違ったのでしょう・・・
この後、このやる気のない高校生の感想文は 意外にも全国読書感想文コンクールに出品されることになるのです。
別に狙ったわけでもなく 苦し紛れにかいた文章が賞をいただく・・なんてちょっと自分でも困ってしまったのだけど、なにかの賞なんて 小学校の校内写生大会以来のこと・・・・。
ちょっとくすぐったいような、鼻が高いような・・・それでいて後ろめたいような複雑な心境だったのを何となく憶えています。

大分後になって知ったことですが この羊雲の詩は 立原道造の「雲の祭日」といものだったとのこと
雲の表情が一つ一つ情景豊かに表現されていて 素敵な詩だなぁ・・・
と改めて感心してしまったのでした。

雲の祭日(立原道造)


羊の雲の過ぎるとき
蒸気の雲が飛ぶ毎にe0041500_23223446.gif
空よ おまへの散らすのは
白いしイろい絮(わた)の列

帆の雲とオルガンの雲 椅子(いす)の雲
きえぎえに浮いてゐるのは刷毛(はけ)の雲
空の雲……雲の空よ 青空よ
ひねもすしイろい波の群

ささへもなしに 薔薇(ばら)紅色に
ふと蒼ざめて死ぬ雲よ 黄昏(たそがれ)よ
空の向うの国ばかり・・・・・

また或るときは蒸気の虹にてらされて
真白の鳩は暈(かさ)となる
雲ははるばる 日もすがら
[PR]
# by 4seasons-kurumi | 2005-08-12 23:20 | 子供の頃 | Comments(0)
キモイ 魔母さん
e0041500_20114855.gif










                   ↑

いや~我ながらバカバカシイと想いながら、こんなものを購入してしまいました。
ちびキューピーのパロディコスプレがあんまり可愛かったもんで・・・・
25種類くらいあって ドラえもんモドキ・・・とかブルースリー・・・とか、いちいちウケまくりながら
やっと4つに絞るまで30分ほども悩んだ・・・・という代物(笑)
左からスパイダーマン、Qoo、ペプシマン、うさこさんです。
どうぞ ヨロシク!
彼らの扇(組体操の)バージョンも作ってみました。
ひま~~~~~~~!
e0041500_20284934.gifどっこい、そんな暇でもないんです。
しかし、どうしてもやってみたかったのぉ~(笑)

今日、テレビを観ていた息子が 画面下のテロップを声に出して読んでいる。
早合点するのが得意技の彼は ぱっと観の印象で単語を推測する傾向あり。
ホームセンターのペットコーナーでも 
「母さん!めっちゃ可愛いメイクィーンやね!」と大声でのたまう!
「は?」
息子よ・・・はたして 可愛いジャガイモなど存在するだろうか・・・・
それを言うなら「メインクーン」でしょうが!(笑)
てな具合に。
どうも、この癖は父型の祖母の遺伝らしい(イヤ・・マジで)

で、話はさっきのテロップの場面へ。
「キモった、マカアさん」と聞こえる。
はて・・・・キモった、マカアさん・・て何????
と画面を見上げたワタシは 次の瞬間 動けないほどの笑いに苦しめられるのである!
画面には・・・・
画面に映し出されているのは・・・前掛けを付けた中年の女性。
テロップには
「肝っ玉母さん」とある(爆)
息子よ・・・・キッチンハイターをチッキンハイターと呼ぶ祖母の一番似て欲しくない遺伝子を受け継いだ君・・・。
母はむしろ同情しますぞよ・・・・。
[PR]
# by 4seasons-kurumi | 2005-08-11 20:58 | 家族 | Comments(0)
悲しい体質
e0041500_21373699.gif








100円ショップへ買い出しに・・・
え?何をって?
いや~・・・親バカながら 息子の夏休みの工作の材料を調達につきあっていたのですよ・・。
もちろん、あくまでもアドバイス・・・というスタンスは崩さず 自主性に任せて・・・・
(って!ホンマかいな・・・)
ロボッツ」を観て以来、ロボットが作ってみたい~と彼。
この前テレビでやっていた全国の大学対抗ロボット選手権を食い入るように観ていました。
まぁ・・そんな大それた動く系のロボットなど出来るはずもないんですが
いろんな素材をナットや木ネジで留め付けていけば それなりのおもしろロボットができるのでは?と思いついたのは・・・実はワタシ(笑)ヤッパリ・・・・
いかんいかんっ!
自主性に・・・・とか言いながら、毎年どうしても関わってしまう悲しい体質。
実は自分が出品したいくらいなのです(く~・・・・大人はつらいぜ)

しかし・・何にも言われなくても夏休みの宿題をさっさとひとりでこなす子供なんて はたしているのかしらん?
それはそれですばらしいけど なんか子供らしく無いかも・・・・・
などと ちょっと負け惜しみ(笑)

子供の頃 ワタシの母も 思いっきり介入してくる母でした。
それはもう・・・あんたの作品なんじゃ・・・?という勢いで(笑)
作文の書き出しから 「こう書きなさい」なんてやってた気がするなぁ・・・・。
それでも 夏休みの最後の一週間は
冷や汗と格闘しながら 宿題の穴を埋めるのが恒例で、まったく学習能力に欠ける小学生でしたから あんまり 息子にも偉そうに出来ない・・・してるけど(笑)

最終日 お天気調べをしてなくて半べそかいたり・・・しなかった?

e0041500_2234111.gif



maiさん こんなん作ってみました。(思いっきり個人的)
今度 このブログのリンクに追加させてもらおう・・・と企んでいる
「mame flavor」
スピード感があって 楽しい文章は 一息入れたいときにオススメです。
近日アップ こうご期待!
[PR]
# by 4seasons-kurumi | 2005-08-10 22:02 | 子供の頃 | Comments(7)
ドキュメンタリー
e0041500_23512596.gif








スペースシャトル
無事、帰還しましたね。
大気圏突・・・のころから なんかドキドキして ちょうどNHKスペシャルを見ている時のニュース速報で 無事着陸した・・ことを知り思わず手をたたいてしまいました。
よかった!

今日は長崎の原爆の日
「赤い背中」というタイトルの戦後60年の記念番組がNHKで放映されました。
8月5日の夜にあったTBSの「ひろしま」という番組も見ました。
ホントはコレを息子に見せたかったのだけど ちょうどキャンプに出かけていたので叶わず
今日の番組を狙って 息子をテレビの前に誘い出しました。
まだ 早いかな・・・とも思いましたが いい機会です。
連日テレビのニュースで聞く 核抑制の机上の空論・・・・
9歳の少年には 遠い国の遠い話にしかとらえられないのが当たり前
蛍の墓も やはり彼らにとっては かわいそうなストーリーのアニメでしかないのです。
やはり ココはドキュメンタリーで・・・と。

当時16歳で被爆した少年の真っ赤に焼けただれた背中の写真のアップは
目を覆いたくなる残酷さで私たちの目に飛び込んできました。
奇跡的に命を取り留められ 自らの被爆体験を語られるかつての少年の半袖の袖口からは
醜いケロイド痕が顔を覗かせ、60年たった今でも傷の痛みに耐えながらの日々を送っておられるとのこと。

今年4月 NPT(核拡散防止条約)の会合がニューヨークで開かれ
舞台はその原爆資料展の会場に。
ソコにはあの赤い背中の写真も展示されていました。
アメリカで展示されるのは 意外にも希なこと・・・とナレーション。
なんでも、「残酷すぎるから・・・」という理由で・・・。
e0041500_0181053.gifココで息子が初めて口を開きました。
「自分がやっとって 頭おかしいんじゃないん!意味わからんのよっ!」
明らかに憤慨した声で!
そうだ!息子よ!
「意味わからん!」という言葉はこういう時に使うもの!
まったく母も同感じゃ!」
「でもね・・・」と言いかけて言葉が見つからないワタシ。

まだ白か黒か・・・しか理解できない年齢ではテーマが複雑すぎた?
実は自分でもよくわからないのが本音。
彼の中では 今のところアメリカが悪者のトップになったらしい・・・
この前までは北朝鮮でした。
それだけでは すまされない世界の事情が理解できるようになるまで
あと何年いるんだろう?

正しい視点で公平に世の中をとらえられる人間になってもらいたい・・
それが母の願いです。
[PR]
# by 4seasons-kurumi | 2005-08-09 23:53 | 真面目な話 | Comments(0)
wanted!

e0041500_16104636.gif




きのうの夕方からひどい頭痛に襲われ 夏ばてしらずの私には珍しく夕食もとらずに布団へ・・・・。
気がつくと朝でした(笑)
いつもの偏頭痛か・・・と思っていたのだけど これって軽い熱中症?
いや・・・・夏ばてか?
あまり食欲が無いのを機会に ちょっと体重が落とせるかも!と不純な笑みを浮かべるあたり・・・「おぬしも懲りんやつよのぉ・・・」とどっかから突っ込まれそう(笑)

あー!なんか頭が痛いかも・・・と痛み止めを探していると 実家から電話。
なんと 珍客がいる・・・とのことで 呼び出しがかかったのです。
え~耳が2つあって 口が耳まで裂けてて 足が異常に短くてつぶらな瞳の彼女は
私が駆けつけたとき バケツの水をがっぽがっぽとお召し上がりになっているところでした。
そう・・・・この前保護した コーギーちゃんです(汗)
まじぃ~!!(笑)
e0041500_1685753.gif
父が庭で用事をしていたところ 彼女が偶然通りかかって・・・
って 今度は首輪なしかよっ!
明らかに家へ訪ねてきたと思われる・・・・
ひとりでかよっ!

実家は 10日ほど前に保護した場所や 彼女の家とはまっく反対方向にあり
少し距離もあるのに・・・匂いを頼りに脱走がてらお立ち寄りになった模様(笑)
当然ご用になったわけだけど まあその屈託のない甘えっぷりに 一同メロメロ。
猫のモモちゃんにちょっと遠慮しながら しばしの再会の時を楽しんだのでした。
さて、飼い主さん宅に連絡がつかない。
この前の脱走で 電話番号は控えてたんですが どうもお仕事で留守らしい。
まあ 家は分かっていることだし 簡易のリードを付けて家まで連れて行くことにしました。
隣の方に事情を話すと、
「まぁ・meiちゃん!・・・また逃げちゃとのぉ~!」とかなりの常習犯であることが判明(笑)
もしや 放っておいても 自分で帰るのかも・・・・
そう言えば この前飼い主の方が迎えに来たときも テンション低かったな~(笑)
いや、しかしっ!
野良犬だと思われて 連れて行かれたら どうすんのよ!

そんなこんなで 2回目?の脱走も 我がファミリーによって阻止されてしまった
meiちゃんなのでありました。
e0041500_11262930.gif
[PR]
# by 4seasons-kurumi | 2005-08-08 11:32 | わんこ にゃんこ | Comments(1)
アイスクリームで供養
丘ヤドカリのバイオレットが永眠しました。
友達の友達のお祖父ちゃんが 沖縄旅行に行った際、孫に是非見せてやりたい!と
勢いで連れ帰ったものの 引き取り手がおらず 周り回って我が家にやってきたのは
去年の6月のことでした。
e0041500_22513815.gif














大きなサザエの殻を背負った 紫の濃淡の美しいのが「バイオレット」
一回り小柄な真珠色をしたヤドカリが「ホワイト」と命名
一目で南洋の国の生き物・・・と分かる出で立ちに 最初はビビりながらの飼育。
後で分かったことなんですが なんとこの丘ヤドカリ君!国の天然記念物に指定されていて
捕獲禁止・・・とある。(汗)
今更そんなこと言ったって 相手は生き物。
その辺に放せば 3日と持たないのは分かっていること。
よしっ!と腹をくくって飼育続行です。
深めの睡蓮鉢に珊瑚の砂を敷き 脱走防止のため魚の焼き網を乗せ そのまた上に煉瓦を乗せる。。という完全防備。
でも、それでも脱走するんです・・・(汗)
力任せに煉瓦ごと網をずらし 朝起きるともぬけのから・・・・
「お~い!どこいったぁ~?」と何故か猫なで声を出して家族総出で捜索する日々
ある時はソファーの下に、ある時はレースのカーテンのてっぺんに!(笑)
いい加減疲れて とうとう熱帯魚用のワイドな水槽を購入。
少しでも故郷沖縄の雰囲気を出してやろうと 手を変え品を変え 秋を迎える頃には
炒りたてのポップコーンしか食べない箱入りヤドカリになっていました(笑)
そのバイオレットの元気がなくなったのは春ごろから。
あまり動き回らず じっと流木の影に身を寄せていることが多くなり 
そんな姿を見て 「沖縄に返してあげなくちゃ・・・・」と話していた矢先の出来事。
かわいそうなことをしました。
ホワイトはいたって元気
寿命だったのか・・・それとも脱皮に失敗したのか・・・・。
e0041500_2251104.gif











e0041500_22525745.gif
昼からバイオレットの亡骸を海の近くに埋めてやろう・・と家族で車を飛ばしてきたのは
海沿いのあるアイスクリーム屋の敷地。
[blue seal]という沖縄発のアイスの専門店です。
ドライブの度に立ち寄るそこは 我が家のお気に入りスポットの一つ。
アパートの敷地内・に埋めてやるのも忍びなく 四国に居ながらにして沖縄を感じさせてくれるところ!という理由で・・・
食い意地の張った我が家のメンバーなら ここを通るたびにお墓参りできるし!
アイス食べながら 供養してやろう・・・・なんて。
(ちとバチアタリかしら?)
流石に敷地はまずいので 少しはずれたところに穴をほり ポップコーンと一緒に埋めてやりました。

帰りながら「何百年か後に バイオレットが化石になって発掘されたら大騒ぎになるかもよ~・・・・」と私
「え?何で?」
「松山近郊の海に いるはずのない丘ヤドカリが生息していたのか!」って(笑)
[PR]
# by 4seasons-kurumi | 2005-08-07 23:51 | わんこ にゃんこ | Comments(3)
主観的感想
「はぁ~^^!めっちゃ楽しかったぁ~!!」
息子が一泊二日のキャンプから帰ってきました。
姉夫婦の仲間うちのイベントの便乗させてもらった訳ですが
参加者の中には車いすの方も何人かいらっしゃるので 一応。名目はボランティアスタッフ・・・ということで・・・。
役に立ったかどうかは疑問・・・
せめて自分のことは自分で・・・と事前に言っておいたんですが  姉曰く
「おおむね お利口でした・・」とのこと。
ホンマかいな?
e0041500_23114268.jpg
















帰り着くなり 手も洗わずに興奮して2日間の出来事をまくしたてる息子。
泊まったロッジで男同士の話で1:00まで起きていたこととか
外のトイレに行くのに 怖いのでみんなで大声で歌を歌いながら行った・・だとか
祖谷のかずら橋がどれだけ高くて ぼろくて 怖かったこと・・・・とか
おばちゃん系の主観的感想型・・の話方なので聞いてるコチラは 話が見えない(笑)
でも、聞き返すと振り出しにもどるのでじっと我慢の親・に徹する。
ま・・・楽しかったのね・・・ということは伝わってきましたがね(笑)



祖谷のかずら橋
私も小さい頃 家族で行ったことがあります。
道中の細かい記憶はすっかり飛んで カズラ橋の足場の隙間から見える
遙か下をとうとうと流れる川のワンショット。
チューリップハットをかぶった父が おもしろがってゆさゆさ橋を揺らすもので
へっぴり腰になりながら カズラを必死に握りめていた記憶がうっすらと残ってる。
なぜチューリップハットなのか・・・・今考えるとちょっと笑えるけど(笑)
[PR]
# by 4seasons-kurumi | 2005-08-06 22:51 | 子供の頃 | Comments(2)
商売繁盛?
息子は徳島へキャンプに行っています。
今日も 静かな夜・・・・。
有意義に使おうとちくちく刺繍などして過ごしました。
e0041500_172050100.jpg














今朝、姉宅に息子を送っていった帰り道
自転車に乗った怪しい男を目撃!
なぜか短パンにサスペンダーをした坊主頭の中年の男がひとり
怪しいオーラを放ちながら 自転車で猛ダッシュをかけているではないか(笑)
平日の10時を過ぎ・・・・あまりのちぐはぐな出でたちに
この人 何やってるヒトだろう・・・と勝手な妄想をめぐらせる。
「う~ん・・・あの頭にサスペンダー・・・・・もしかして坊さんかしらん」
などと考えてひとりニヤニヤ。あんたも十分怪しいっつうのっ!

数分後 車一台がやっと通れるほどの一通の道路を逆走する車が1台。
すれ違いざまに 見た運転手は なんときっちり衣の襟をあわせた 若いお坊さん。
さっきの妄想を思い出して 「おお偶然にしてはタイムリ~」と眉を上げる私
家庭訪問の先生ではないけれど スケジュールが押しているんでしょう・・・
必死の形相で かなり焦っている模様。

と・・また同じ道筋で(さっきから1分も経ってない)バイクのお坊さんが通り過ぎる。
焦げ茶の絽の衣を翻し ブイ~ンっと走り去っていきました。

それにしても 15分の道中の間に 3人も(1名は妄想)お坊さんに出会うとは・・・・
と思ってよく考えたら あと1週間もすればお盆なんだよなぁ・・・・
新盆を迎える家はちょうど今時分が法要のピークなのかも。
年に1度の稼ぎ時
この時ばかりは 家でぶらぶらしている若坊さん(わかぼんさん)もかり出されて
町にバイク坊主が溢れる・・・という現象が起こるらしい。

ちなみに実家に来るお坊さんは 私の幼なじみ。
最初は頼りなかったけど 最近貫禄がついてきたわ~
[PR]
# by 4seasons-kurumi | 2005-08-05 17:17 | 季節の話 | Comments(0)
合理化

七夕飾りです。
このあたりでは旧歴でお飾りを作るらしい・・・・・というのも
その年によって 7月7日にすることもあったりするので 厳密にはどっちがホントか分からない。
というので 地元のスーパーには6月の末からちょうど今時分まで
笹飾りセットなるものが置いてあることが多いです。
e0041500_2320074.jpg
















母からの電話。
なんおこたぁない・・・・笹飾りづくりの手伝いに来い・・・という内容。
もと保育士で鍛えた細工の技を買われての誘いですが 徹夜明けなので猛烈に眠い!
しかし、断るとすねるので 諸々の用事を済ませてから実家へ・・・。
このあたりのさじ加減・・・娘としてはかなり気を遣うんですよ~
機嫌をそこねさせると あとが面倒なので(笑)

短冊に願い事を書こう・・・・と張り切る母。
おろしたての筆ペンで調子よく書いていくのはいいんですが 
ヒトの願い事まで自分で書こうとする・・・・(笑)
「おりひめ」「ひこぼし」「天の川」「白鳥座」「カシオペア?」
お決まりの単語を猛スピードで書いて後  今度は飾り付け。
「こんなんはね・・・面倒くさいからセロテープでいいのよ!」
と笹に短冊を直接セロテープで貼っていくではないですか!
「ちょ・・ちょ・・ちょっとぉ!紙縒じゃなくてもいいから せめて糸にしようよぉ~」
「あ・・・え~の、え~のっ」
「はぁ?」
ま・・・娘もあきれるワンマンぶりで家族を巻き込んでいくんですな。

子供の頃はねぇ・・・・朝一番に露草からとったつゆで墨をすり・・・・とまではいかなかったけど
カボチャやナス、キュウリ、小玉の西瓜なんかを籠に入れてまつり
紙縒をひたすらよってうやうやしく七夕を迎えたもんです。
母の合理化も分かるけど やっぱ「形から入りる派」の私としては
なんだかなぁ・・・と複雑な心境になるんだなぁ(笑)
ふつう 逆なんだけどねぇ~
[PR]
# by 4seasons-kurumi | 2005-08-03 17:07 | 子供の頃 | Comments(0)
合併症
e0041500_2132133.jpg
















意外に筆まめなたちです。
メールや電話とは違って 短い文章でも有り難がってくれるのでは・・?などと
季節の挨拶を絵手紙にしたためて 自己満足で相手に送りつける・・・。
ほとんどコレも「病」の自覚あり。
しかしですね・・・この病には合併症がありまして・・・・・
これが、ちとやっかいなんであります。

あのですね・・・・要するに手紙を書くのは好きなんですが
この手紙をすぐにポストに投函することが出来ないんです。
葉書の場合 ドラえもんのポケットかっ!と突っ込みたくなるほどいろんな物が入ったバックに数日。
大事に入れたつもりが 時間経過とともに 葉書の角が見苦しく折れ曲ってくる。
これではイケナイ・・・・というので 手近な分厚い本などに挟んでしわを伸ばそう!などと考える。
そして 忘れる・・・・・・。
う~ん、こうして出さず終いだったletterが何十枚あることでしょう!
書き終わった時点で すぐに出すぞ!と堅く決意するんですがね・・・。
だめなんですよ。これが・・・・・。

以前、友人に宛てた手紙をダーリンに投函してもらったことがあります。
すぐに返事がくるか・・・と待つも 彼女からの反応がない・・・。
きっと新しい生活でいっぱいいっぱいなんだわ・・・と気にとめてもいなかったんですが
しばらくたって 「どうして手紙をくれないの?」と彼女から。
どうもその時の手紙が届いていない・・ということが発覚!
ダーリンはダーリンで「俺が忘れるわけないじゃん!」と強気な答え。
結局、郵便屋さんのせいなのか?ということになったのだけど 
その数日後、事件は急展開をみせることになる!

図書館命の彼。いつもの図書館で何気なく本棚から手に取った本から
はらり・・・・と何かが落ちた。
みると 葉書ではないか!
まさか・・・・とおもいながら拾い上げてみると 出したはずのあの問題の葉書だった!
そう言えば、この本2週間前に借りたな~・・・・と目を泳がせる彼
「こんなことってあるんやなぁ!」と屈託無い微笑みに ぶちっ! 私が切れないわけがない(笑)
この後 彼の身に何がおこったか・は 皆様の良識あるご想像にお任せいたします。

e0041500_17214465.gif
追伸
カウプレhitのmさん!
今夕やっと、ブツを発送いたしました’(爆)
また 感想などbbsに書き込んでやってくださいねぇ~!
[PR]
# by 4seasons-kurumi | 2005-08-02 21:16 | 親方 | Comments(0)