海にて候
e0041500_15215738.gif

「海にてさふらふ・・・・・」
そのまっただ中で呆然と立ちつくす少年がひとり・・・・・
顔からは完全に血の気が退いて ただ為すすべもなく あふれ出す透明の液体の源泉を見つめているのである・・・。



その事件が起きたのは一昨日の夕方。
さて晩ご飯の支度でもしますか!と買い物袋から豚肉のパックを取り出した まさにその瞬間・・・。

「あわわわゎゎ~~~~勝手に~~~っ勝手にぃ~~~~~!!」
と 慌てふためく息子の声。

「鼻歌なんか歌いよったら 溢れてしまうよ~~~~!!」と私が彼に釘を刺したのは つい今し方の出来事だったのに!

このブログを何ヶ月か前から読んでいただいている方で 想像力豊かな方なら もう察しが付いているかもしれません・・・・。

いま 茫然自失の状態で彼の素足を充たそうとしているのは 言わずもがな・・・・
アラジンストーブのタンクから勢いよく溢れ出している灯油なのです。
目盛りを慎重に確認しながら 給油をするのは息子の仕事。
この年末 念願のアラジンストーブが我が家にやって来たときから 給油してストーブに火を入れる重大な仕事を彼に任せることに決めたのでした。

今でこそ 「センサー付き自動給油ポンプ」なるものが普及して タンクから灯油が溢れて慌てふためく・・・なんてこともなくなりましたが 私達が子供の頃は超アナログな「手動式ポンプ」でシュポシュポやってましたよね^^
上部のキャップを締めた状態で2,3度手を動かし そのまま放置すると 空気圧の関係で自動ポンプのように自然に灯油をくみ上げられる・・・というのも体験上 いつのまにか体得していた知識でした。
ここで言う「体験」の中にはもちろん「溢れさせてパニクる」というのも入っているわけで 誰しも 1度や2度は経験しているのではないかしら?

カライ母ちゃん・・と開き直る私の場合、上記の様な体験は大変重要!である!という観点から
あえて「石油ストーブ」 あえて「手動式ポンプ」・・・なのでした^^

さて、完全にパニクっている彼に向かって私が早口で叫んだのは
「ゆるめて・・・・ゆるめなさいっ!!」という言葉。
オロオロのままポンプ上部のキャップをゆるめた瞬間、ポンプ内にたまっていた灯油がドバッと溢れ出し 新たな被害が・・・・・
親子でパニクっているんだから もう・・諦めるしかない・・・涙

結局3枚のバスタオルを犠牲にし その後1時間かけて磨き倒したストーブはピカピカに・・・・
(ソウトウ反省したらしく 無言で黙々と手を動かしていた。)

これからの人生で 彼が灯油を溢れさせる確率は きっと少ないに違いない・・・・。
立ちこめる灯油の匂いは今もかすかに・・・・笑
[PR]
by 4seasons-kurumi | 2006-02-01 15:22 | 家族
<< 撃沈 ちくちくの丘 「椅子展」 >>