oh my god!!

e0041500_841562.gif

「あ”~~~~~っ!!」という尻すぼみの大声のあと・・・一瞬の静寂・・。
だいたいの予想は付いている・・。
呼び出されるのは時間の問題なのだが 無視しよう・・と心に誓う。

10分後・・・・
「かあさ~~~~~んっっ」
ホラキタ!

アパートの西側の白いフェンスに前のめりに寄りかかり 悪ガキ軍団の面々が肩を落として見つめている視線の先。
広い田圃のど真ん中にぽつんとあるのは 毎度お騒がせの「サッカーボール」である。
ドッヂボールコートほどの広さのアパートの前庭で  ワールドカップの興奮さめやらぬ彼らが毎夕繰り広げているのはサッカーのシュートゲーム。
しかし 思いっきり蹴ったボールが各戸の窓ガラスに当たることもしばしばで
その度に「こぉらぁっ~~~~~~」と一喝するのは 当アパートの「カミナリオバサン」であるこの私。
「元気でよいよい^^」と内心思っていることはケシテ顔に出さず ひたすら怖いオバサンを演じるのである^^

この時期・・ちょっと困るのが隣接する田圃にボールが落ちてしまうこと。
彼らも慣れたもので 加減して蹴ってはいるのだが 勢い余って 自転車置き場のルーフを越えて 危険地帯に落下してしまうことがある。

今まで何度となく 泥まみれの落下物を救出してきた
アパートの敷地は田圃より1メートルほど高い位置にあり さらにその上に80㎝ほどのフェンスが張られているので そこから手を伸ばして物をとる・・というのは小さい子供では難しい。
それでもモップの柄に虫取り編みをガムテープで継ぎ足して道具を作ったり 洗濯ハンガーを駆使したり・・と彼らなりに工夫をしてはみるのだが 流石に今回は子供達の手には届かないようだ。
仕方がないので 稲を傷めないように慎重に気をつける・・という約束で 年長者の息子が田圃に入ることを許された。
「かあさ~んっ!!」とは 入田許可を得るための呼び出しだったのだ(笑)

ズボンを太股の付け根あたりまでまくり上げ フェンスを乗り越え いざ入田!
「うわっ・・何かおる!ぜったい、何かおるでっ!」と足の裏に「得体の知れない何か」を感じるらしく(笑)大騒ぎをしながら進む。
「ヒルかもよ・・」と言いかけて止めておく(笑)
パニクって尻餅でもつかれたら あとが面倒だし・・・・。

「とったどぉ~!!!!」とおどけながら雄叫び。

カミナリオバサンの手にはしっかりとデジカメが・・・・(笑)
[PR]
by 4seasons-kurumi | 2006-07-13 01:56 | 家族
<< happy summertime! Ocean view! >>